便秘って何科?病院でお医者にみてもらおう!

スポンサーリンク

便秘で長年悩んでいるけど、病院では何科にかかればいいの?

と疑問に感じられている方は多いと思います。

また便秘で病院に行ってもいいものかどうか、悩まれている方も意外と多くいらっしゃいます。

そこで今回は便秘で病院に行くときに、何科にかかるべきか。そしてどんな医師に診てもらうのがよいかをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク



まだまだ少ない便秘外来

病院で何科にかかるか悩まなくとも「便秘外来」が近くの病院にあれば、そこに行くのがベストです。

実際最近は便秘外来を標榜している病院も増えてきました。

 

しかし全国的にもまだまだ珍しい診療科です。

便秘で悩んでいる人が多いのに、便秘外来が少ないのには様々なわけがあります。

まず、便秘を治療するにはその方の内臓の状態をチェックするだけでなく、生活習慣まで様々なことを問診していかなければなりません。

問診することは多く時間がかかっても、病院で処方されるのは多くの場合整腸剤や便秘薬です。

これらの薬を処方しただけでは、病院にはあまりお金が入りません。

病院としても収益を出さないといけないのに、便秘外来していては採算が合わないのです。

ですから、規模が大きく余裕のある一部の病院にしか便秘外来が存在しないのです。

 

また便秘で病院に行くと、肛門の検査なども含まれたり、便のこととなるとやはり気恥ずかしさを感じる方も多いです。

ですから、本当に苦しんでないと足が向きにくくなるようです。

 

このように病院側、患者さん側双方の事情によって便秘外来はまだまだ数が少ないのです。

では便秘外来が近くになければどの科にかかったらよいでしょうか。

 

スポンサーリンク



一番身近な内科

内科とは手術は行わず、それ以外の治療を行う科のことを指します。

便秘の治療で大切な生活習慣についても、内科の医師は詳しいですのでそういった意味で適している科と言えます。

 

ちなみに消化器内科は食道から腸までと、消化に関わる肝臓や膵臓などの病気についてみてくれる科です。

便秘が起こる大腸も当然、消化器の一部ですのでこちらも便秘をみてもらうのに適した診療科と言えます。

 

胃腸科

胃腸科も消化器内科と重なる部分が多いですが、胃腸科の方が名前の通り、胃腸に限局して診察を行う傾向にあるようです。

このあたりの線引きはあいまいですが、消化器内科の方が胃腸科に比べてカバーする疾患が広い傾向にあります。

ですから、便秘に関しては胃腸科で診てもらっても問題ありません。

 

肛門科

便秘で悩まれている方はトイレで「いきむ」ことが多いです。

必要以上にいきむことで、肛門周辺の血液がうっ血しやすく痔になりやすいのです。

 

いきみと痔の関係についてはこちらの記事もご参照ください。

参照)便秘で痔になりやすくなる!?

 

ですので、便秘に加えて痔でも悩んでいるという方は肛門科にかかるのが適切です。

 

何科にかかるかよりもどんな医師かが大切!

一番大切なのはやはりここです。

便秘治療で名医を探すコツは、「しっかり話を聞いてくれるかどうか」です。

しっかり話を聞いてくれる医師ほどよい医師です。

 

なぜなら、便秘治療にはその方の生活習慣の問診が欠かせません。

いつから便秘で、他にどんな症状があるか、食事内容やストレスの有無、運動習慣や生活リズムなど問診するべき項目が多いのです。

ちなみにしっかり話を聞いてくれると言っても、意味のない雑談に付き合ってくれるということではありません。

医師はとても忙しいですから、あまり多くの時間はありません。

必要な内容をしっかり引き出してくれる医師というように考えて下さい。

 

便秘診察の際の問診についてはコチラの記事をご参照ください。

参照)便秘外来での問診 こんなことを聞かれます。

 

また、必要に応じてお腹の診察や肛門直腸の診察も加わります。

こういったことを面倒くさがらずに、しっかりやってくれる医師は信頼がおけます。

 

良い医師かどうかを吟味することも大切ですが、患者さん側の協力も欠かせません。

正確な情報が無いと医師もきちんとした治療が選択できませんし、お腹や肛門の触診も患者さんの協力なしには行えません。

 

「先生にお任せします」

と言う言葉は一見すると、あなたを信頼しています。というような意味合いにもとれます。

しかしこの言葉を言われると、医師は投げやりな印象を受けます。

 

なぜなら、良い治療は医師と患者が協力して作り上げるもので、医師に任せっきりが良いのではないのです。

 

こういったことを意識して、病院や医師を選んでください。

 

まとめ

便秘の時に何科にかかったら良いかについてお伝えしてきました。

「便秘ぐらい」と軽く考えられている方もいますが、実は便秘は放っておくと死に至ることもあります。

もちろんそれは重度なケースの場合ですが、腸は栄養を吸収できる唯一の臓器であり、免疫にも大きく関わる臓器で全身の健康状態を左右するところです。

そこに老廃物である便が溜まるということは、本来異常なことなのです。

ですから簡単に考えて自己対処を続けるだけでなく、一度病院にかかってみることをお勧めします。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク