いつからが便秘?何日目で便秘になるのか?便秘の定義

スポンサーリンク

お通じがしばらくなくて、お腹は張っているけど便秘なのかどうか分からない・・・

いったい何日出なかったら、いつからが便秘なのか、どんな状態が便秘なのかと迷われている方は多いです。

排便回数や量は個人差が大きいので、はっきりといつから便秘と定義づけるのは非常に難しいのです。

しかし、日本国内や海外の学会でいつから、どのようになったら便秘かを定義したものはあります。

 

そこで今回は、各学会で提唱されている便秘の定義についてまとめて、いつからが便秘なのか解説していきます。

 

スポンサーリンク



いつからが便秘か?各学会の定義まとめ

まずは日本の学会である日本内科学会、日本消化器学会の便秘の定義についてみていきます。

日本内科学会

3日以上排便が無い状態、または

毎日排便があっても残便感がある状態

 

日本消化器病学会

排便困難や腹部膨満感

などの症状を伴う便通異常

日本内科学会の定義は、3日以上となっているので、わりと分かりやすいのではないでしょうか。

一方で、日本消化器学会もの定義は排便困難感や腹部膨満感(お腹が張った感じ)というのは、その人の主観によるので、曖昧さがあります。

 

国内ではこのような定義となっていますが、海外ではどうでしょうか。

消化管障害の国際的診断基準として広く用いられているRomeⅢでは機能性便秘を以下のように定義しています。

※便秘は急性便秘と慢性便秘に大別され、慢性便秘の中で日常最も頻度が高いのが機能性便秘であり、基礎疾患や薬の影響、腸に構造上の問題が無いのにもかかわらず便秘の状態を指します。

RomeⅢ

機能性便秘

1.以下の2項目以上の症状がある事

a)排便の25%以上の頻度でいきみがある

b)排便の25%以上の頻度で兎糞状便または硬便がある

c)排便の25%以上の頻度で残便がある

d)排便の25%以上の頻度で直腸肛門の閉塞感またはつまった感じがある

e)排便の25%以上の頻度で用手的に排便の介助をしている(摘便、骨盤外を圧迫する)

f)排便回数が週に3回未満

2.緩下剤を使わない時に軟便や液状便になることはまれ

3.過敏性腸症候群の診断基準は満たさない

ちなみに(3)の過敏性腸症候群の診断基準はこちらです。

RomeⅢ 過敏性 腸症候群

過去3ヶ月間、月に3日以上繰り返し起こる腹痛や 腹部不快感があり、下記の2項目以上を満たす

1.排便によって症状が改善する

2.発症時に排便頻度の変化がある

3.発症時に便の形状(外観)の変化がある

※腹部不快感は、痛みとは表現されない不快な感覚を意味する

このように三者三様の定義となっています。

しかし近年、日本でも国際的な基準を用いることが多くなっており、RomeⅢの基準がよく使われています。

 

ここまでのことから、いつから便秘になるのかという疑問の答えとしては、

3日以上排便が無かったり、1週間に2回以下の排便の場合に便秘と言えます。

 

いつからが便秘か気にするよりも、不快感の有無が大切

上記の定義に当てはまらなかったとしても、便が出にくくてお腹が張っていたり、出してもスッキリしないなどの自覚症状があれば、それは便秘とらえてよいです。

 

健康には快食、快眠、快便が大切とよく言われますが、これは正しいです。

ですが便秘になっていると快便が損なわれるだけでなく、出ていかないから食べれない、自律神経も乱れて眠れない状態に陥ります。

 

また便が長く腸の中に留まると、本来排泄するべき老廃物が腸から再び吸収されて、全身にめぐっていきます。

すると身体はめぐってきた毒素を処理するために余分なエネルギーを使うことになり、疲労して本来の仕事ができなくなります。

 

気持ちよく「快便」出来ているかどうかは健康の重要なバロメーターというワケです。

ですから、いつから出てないかということばかりに囚われるのでなく、お腹の具合がどうかと広い視点で感じてみることが大切です。

 

そして、もし不快感や出にくさが続くようであれば、食生活の改善として、食物繊維や発酵食品の摂取、十分な水分摂取、適度な運動を心がけてみて下さい。

それでも改善しないようであれば、一度病院にかかってみることをお勧めします。

便秘の影には重大な病気が隠れていることもあるので、一度診てもらっておく方が安心です。

病院にかかるときにはこちらの記事を参考にしてください。

参照)便秘で病院に行くときには何科にかかればいいの?

 

まとめ

いつからが便秘になるのかについて、国内外の学会の定義を参考にしてお伝えしてきました。

いつから出てないかとカレンダーを見つめることが多い方も、それを過度に気にするよりもまずは自分のお腹の感覚を大事にしてください。

毎日出ていなくても、お腹に不快感が無いのであればそれほど問題はありません。

ですが反対に、わりと回数は出ていてもすっきりしなかったり、不快感があるようならそれは立派な便秘です。

便を作る腸は、同時に栄養を吸収できる唯一の器官でもあります。

腸を労わって健康な身体作りをしていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す