うんちがでるメカニズム 食べてからうんちになるまで

スポンサーリンク

普段何気なくうんちを我慢したり出していますが、野生の動物はところ構わずうんちを出します。

しかし社会生活を営むヒトはそういうわけにはいきません。

うんちを出すタイミングをコントロールして粗相の無いようにしています。

そんな排便には精巧なメカニズムがあります。

消化は口から始まり、それぞれの消化器官での工程を経て、うんちが作られます。

食べて、消化して、うんちを出すまでの工程の下で意識して行うのは、口での咀嚼とうんちを出すのに踏ん張るときぐらいでしょう。

うんちがでるまでの工程で、体の中でどんなことが起きているのか、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は食べ物を食べてからうんちが出るまでのメカニズムをお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク



うんちがでるメカニズム まずは消化から

食べ物を食べるとまずは消化されます。

消化というと胃で食べ物を溶かしたり、消化液で食べ物を消化するというイメージがあるかと思います。

ですが、消化は口の中から始まっています。

うんちでる うんこでる 便でる仕組み めかにずむ

まずは消化という言葉を説明しておきます。

消化とは「摂取した食べ物の栄養を吸収できる状態にまで分解すること」です。

消化は物理的消化と化学的消化に分けられます。

物理的消化は食べ物の咀嚼や消化液と撹拌したり消化管の先に送ることです。

化学的消化は唾液、胃液、膵液、腸液などに含まれる消化酵素によって体に吸収できる最小単位にまで分解することです。

 

続いて消化の実際についてお伝えします。

まず口の中では食べ物を咀嚼(そしゃく)します。

咀嚼とは食べ物をかみ砕くことです。

かみ砕くことで飲み込みやすくするとともに、その先の胃や十二指腸で消化を行いやすくします。

また口で分泌される唾液も消化液です。

唾液に含まれる消化酵素であるアミラーゼによって炭水化物に含まれるデンプンが分解されます。

唾液は飲み込みをしやすくする作用もあります。

 

食べ物を飲み込むと口から食道にうつります。

食道は約25㎝ほどあり、逆流を防ぎながら食べ物を胃へ送り届けますが、食道自体には消化機能はありません。

うんちでる うんこでる しくみ 便でる メカニズム

画像は食道と胃です。

胃は成人で1.3~1.5ℓほどの容量があり、強い酸によって食べ物を粥状に溶かしていきます。

 

続く小腸は全長6~7m程あり、絨毛と呼ばれるヒダが内壁を被うことで表面積を広げ、より多くの栄養素を吸収できるようになっています。

小腸を開いてヒダをすべて引き伸ばすと、テニスコート1面分以上の大きさになると言われています。

いかに小腸の表面積が大きいか、お分かりいただけるのではないでしょうか。

 

小腸は口に近い方から十二指腸、空腸、回腸に分けられ消化・吸収を担います。

下図が小腸です。

うんちでる うんこでる 便が出る仕組み メカニズム

十二指腸では胆汁と膵液が分泌され、炭水化物、脂質、タンパク質が分解されます。

胆汁は肝臓から分泌され、普段は胆のうに蓄えられている消化液で、脂肪を乳化する作用があります。

脂肪は乳化されることにより、小腸から吸収されやすくなります。

 

膵液は膵臓から分泌される消化液で、炭水化物、脂質、たんぱく質を消化することができます。

胆汁も膵液もアルカリ性の分泌物で、胃酸と混ざることで中和され、自分の体液で自分の体を溶かしてしまうことが無いようにできています。

 

空腸、回腸でも腸液という消化液は分泌されます。ですが主な役割は前述した絨毛から、栄養素を吸収することです。

ちなみに炭水化物はブドウ糖、タンパク質はアミノ酸、脂質は脂肪酸にまで分解、吸収されます。

ブドウ糖と、アミノ酸は絨毛の毛細血管から体内に吸収されますが、脂肪酸は別の経路をたどります。

脂肪酸の元は脂質ですので、ベトベトしています。

これが毛細血管に入ると、ベトベトした性質のせいで血管がつまってしまいます。そうならない為に絨毛には脂肪酸の入り口が用意されています。

これを乳糜管(にゅうびかん)と呼びます。

ここから乳糜槽(にゅうびそう)にいったん集められ、大動脈中に放出されます。

大動脈中に放出されるのは、大量の血液中に投入して、脂肪酸が薄まればベトベトしていても血管がつまらないため、このような仕組みになっています。

 

大腸は成人で1.5~1.6m程の長さです。盲腸、結腸、直腸に分けられます。

いよいよここからが、うんちが作られる過程になります。

 

うんちがでるメカニズム うんちは大腸で作られる

うんちが作られる大腸は便をためたり、出したりすることが主な機能です。

しかし小腸で吸収されなかった水分やミネラルを吸収する働きもあります。

こちらが大腸です。

メカニズムうんちでる うんこでる 便が出る

ちなみにうんちの成分は、全体の80%程度が水分です。残り20%の固形部分のうち、1/3が吸収の終わった食べかす、1/3が腸の内壁がはがれた物、1/3が腸内細菌で構成されています。

 

便は大腸の中を盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸と流れていきます。

大腸では「ぜん動運動」という腸の動きによって、うんちが輸送されます。

 

ぜん動運動によりうんちが直腸にたどり着くと、直腸壁はうんちによって引き伸ばされ直腸内の圧力が高くなります。

するとそれが刺激となり脊髄神経の一部である排便中枢に伝わります。

排便中枢からは大脳まで信号が伝わり、うんちを出す準備が始まります。

 

肛門を閉める筋肉には内肛門括約筋と外肛門括約筋の2種類があります。

このうち内肛門括約筋は自律神経に支配されており意識的に動かすことはできませんが、うんちが直腸に達すると、自動的に緩んでうんちが肛門の方へ近づきます。

 

しかし、社会生活を営む人間はそこかしこでうんちを出すわけにはいきません。

そこで外肛門括約筋が活躍します。外肛門括約筋はは意識的に緩めたり力を入れたりでき、これによってうんちを出すか我慢するかをコントロールできます。

 

つまり、うんちが出そうになると内肛門括約筋は排便に向けて緩みますが、トイレに行くまでの間は外肛門括約筋を閉めて漏れないようにしているということです。

 

うんちがでるメカニズムを理解すると便秘も解消しやすくなる

うんちを出したいなと感じるのは時間にしてせいぜい5分~15分で、これを過ぎるとだんだんとうんちを出したくなくなります。

うんちを出したくなくなった状態でトイレに行っていきんでも出しづらいです。

いつも我慢し続けていると徐々に直腸からの信号が大脳に発信されにくくなり、便秘を引き起こす原因になります。

ですからうんちを出したいと感じた時には、なるべく我慢せずにトイレに行くことが便秘解消のためには重要です。

 

一般的に女性の方が男性よりも便秘になりやすいですが、それは女性が便意を我慢することが多いせいです。

最近は仕事をしている女性が多いですが、女性の場合、朝はお化粧をしたり家事に追われてなかなかトイレに行く時間が取れない方が多いです。

また仕事場でも排泄時の臭いや音を気にして排便を我慢される方も多く、そのようなことが習慣によって便秘になりやすいのです。

特にうんちを出したいと感じやすいのは1日の始まりである朝です。

朝は時間に余裕を持って起床し、排便反射を引き起こすために胃に食事や水を入れることが大切です。

食事や水分が胃に流れ込むと、胃の重みによって腸が刺激され排便反射が起こりやすくなります。

朝は排便のゴールデンタイムと言われていますので、この時間帯を逃す手はないです。

 

まとめ

「うんちがでるメカニズム 食べてからうんちになるまで」と題してお伝えしてきました。

うんちをスムーズに出すためには朝の過ごし方が大切です。

便秘で悩んでいる方は、まずは時間に余裕を持って起床し、うんちが出そうになくても5分~10分程度はトイレに座る習慣をつけると良いです。

ただし10分を超えてトイレに入っていきんだりするのは良くないです。

時間は短くても良いので朝トイレに入る習慣をまずは身に付けてみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す