便秘改善法としての自律神経の整え方

スポンサーリンク

自律神経という言葉は聞いたことがありますか?

実はこの自立神経をうまく働かせてあげることと便秘の改善には深いつながりがあります。

今回はその関係についてお話していきます。

 

最近は自律神経という言葉をテレビや雑誌で目にすることも多くなってきましたね。

しかし自律神経がどういうものなのか、どのような働きをするのかを詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。

まずは自律神経について詳しくお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク



自律神経とは

自律神経は「自律」という字が使われているだけあって、私たちが頭で意識することが無くても働いてくれている神経です。

この神経があるおかげで眠っている時も呼吸は止まりませんし、食べ物を食べて「あっ、胃酸出さなきゃ!」なんて考える必要がありません。

すべて自動でまさに「自律」して働いてくれています。

 

そもそもですが、神経というものを大きく分けると「中枢神経」と「末梢神経」の2つに分けられます。

「中枢神経」は脳や脊髄神経など体のまさしく「中枢」にある神経で、「末梢神経」はそこから枝分かれして伸びている神経です。

自律神経はこの2つのうち末梢神経に属しています。

末梢神経は自律神経以外に、熱い、冷たい、見る、聞くなど主に感覚に関わる知覚神経と、手足を始めとして体全体を動かす指令を送る運動神経があります。
スポンサーリンク



自律神経には交感神経、副交感神経がある

自律神経は交感神経と副交感神経に分けられます。

そしてこれらが血管や内臓など体の隅々に伸び、上記したように自律した意識しなくても働いてくれる神経です。

 

しかし、この自律神経がひとたび乱れると身体各所に影響しているだけあって影響も大きいです。

交感神経は身体を活発に働かせる神経で、副交感神経は身体をリラックスさせる神経です。これらの働きを車で例えると交感神経がアクセル、副交感神経がブレーキと言う事も出来ます。

自律神経と便秘の関係

この2つの神経のうち副交感神経が上下することで全体のバランスをとり健康な状態を維持しています。

しかし、便秘の方はどちらかの神経が異常に強く働いている、もしくは働きが悪くなっている場合が多いです。

腸の活動を活発にするのは副交感神経です。

反対に抑制するのは交感神経です。

ここで、「便秘の人は腸の働きが悪いから便秘になっているんだ」と思い、副交感神経を上げてやれば便秘が解消するだろうと考えると、それは時として間違いになります。

なぜかというと腸が過剰に収縮しすぎてもお通じが運ばれていかず便秘になるからです。

つまり大切なのは副交感神経と交感神経のバランスです。

ちなみに自律神経は血管の働きも隅々までコントロールしており、交感神経は血管を収縮させ、副交感神経は血管を緩ませます。

ですので、これらのバランスが崩れると血管の働きのリズムが乱れ、血液の循環不全がおきます。

体は血液栄養を運び老廃物を取り除いていくので、そのバランスが崩れると身体全体に栄養が巡りにくい、また老廃物もたまりやすい悪い状態となってしまいます。

すると当然、腸の状態も悪くなります。

 

 

ではこのような自律神経が乱れた状態を正すためには何をするべきか?

ここからはその対策についてお伝えしていきます。

便秘改善のために自律神経調整法

自律神経の調整法は実は様々な方法があります。

ひとりひとり合った方法があるのでこれが絶対に正しいというのはなかなか言えない部分ではあります。

しかし、私が整体院で患者さんにアドバイスをしていく中で最も多くの方に効果的であったのは「睡眠のとりかた」を工夫することでした。

自律神経は副交感神経が上下することでそのバランスをとるという事を先にお伝えしましたが、眠るときに活発に働くのも副交感神経なのです。

つまり質の良い睡眠をとることが出来れば副交感神経の働きが良くなり結果として自律神経のバランスがとりやすくなります。

では質の良い睡眠とはどのような睡眠でしょうか?

理想の眠りとは?

みなさんはいつも寝るのは何時ごろですか?

目覚めてベッドから出るのは何時ごろですか?

 

この時間が日によって違うとか、休みの日は寝るのや起きるのが遅い。なんて方は睡眠の質が落ちている可能性があります。

人の身体は起床後、朝日を浴びると身体の活動モードのスイッチが「オン」になります。そしてその15時間後にメラトニンというホルモンが分泌し眠くなるようにできています。つまりリズムを刻んでいるのです。

このリズムが乱されると睡眠の質はガクッと落ちてしまいます。

そうは言っても仕事で残業の時もあるし、いつもいつも同じリズムで寝起きすることなんてできない!なんて思ったあなた。

そんなあなたはこんな方法はいかがですか?

自律神経を整える!睡眠方法

1週間に1回は「睡眠の日」をつくる。

 

いつも同じリズムで寝起きすることなんてできないというあなたには、せめて1週間に1回でも「睡眠の日」を作るのがお勧めです。

この「睡眠の日」を過ごすポイントは寝る時間を早くすることです。

翌日の朝起きる時間はいつもと同じで寝る時間を早くして睡眠時間を確保します。

起きる時間が遅くなってしまうと朝からバタバタしてあわただしくその日は朝から自律神経が乱れてしまいます。

早く寝ることで睡眠時間が長くなり、副交感神経の働きがしっかり高まります。

1週間に週に1回は体のことを気遣い「睡眠の日」を作ってみて下さい。その日は残業も早めに切り上げ、寄り道せずに帰宅。夕食、お風呂もささっと済ませ、テレビをだらだら見ることもせず、リラックスして10時には就寝。このように全ての行動を「眠り」のために使うのです。グッスリ、身体が休まる睡眠がが週に1回でもあると自律神経の状態は良くなりやすく、便秘改善にも役立ちますよ。

まとめ

秘密の便秘改善法 自律神経の整え方と題してお伝えしてきました。

便秘は腸で起こりますが、腸と自律神経は密接にかかわります。またその自律神経の働きを左右するのは睡眠の質です。

よい眠りが出来れば自律神経は整いやすく、腸の働きも良くなりやすいです。

便秘改善に向け今日から眠り、自律神経の事も考えてあげてみて下さい。

しっかり眠れると仕事も遊びも楽しめますよ!

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク