便秘解消に役立つ本をランキングでまとめて紹介!

スポンサーリンク

便秘に悩んでいる方は、インターネットやテレビの情報をもとに解消法を学んでいる人もいると思います。

しかしやっぱり一番は、本を読んで実践するという人が多いのではないでしょうか。

なぜなら、本はインターネットの情報よりも信ぴょう性があり、

テレビよりもじっくり読むことができる、と考える人が多いからだと思います。

 

そんな便秘解消の方法が書かれた本は、たくさんあります。

というか、「たくさんありすぎてどれを読んだらいいかわからない」

「誰かおすすめのわかりやすい本を教えて!」

と思われているのではないでしょうか。

 

そこで今回は、便秘に関する本は専門書から一般書まで読みあさった私が、

厳選したおすすめの便秘解消本を、ランキング形式でまとめてご紹介していきます。

どの本を読んだらいいかわからないという方は、まずこの記事からご覧ください。

 
スポンサーリンク


便秘解消のための本

ではさっそくご紹介していきます。

おすすめ第5位は、「大便通」です。

著者は世界中の便を研究されている辨野義己【べんのよしみ】先生です。

便の研究をされているべんの先生という名前がすでに面白いですが、本の内容も負けず劣らず面白いです。

研究者らしく、さまざまなデータを示しながら便のことや、便秘について解説してくれています。

専門的な知識のない方でもわかりやすいように書かれており、読みやすいです。

便秘解消について学ぶためには、

うんちとは何なのか?

どのようにできるのか?

といったところまで知っておいたほうが良いです。

この本を読むと、便秘解消法だけでなく、うんちとは、健康とは、といったところまで深く知ることができます。

 

おすすめ第4位は、「読む便秘外来」です。

著者は医学部の教授をつとめられている小林弘幸先生です。

専門医が便意について、Q&A方式でわかりやすく解説してくれわかりやすく解説してくれています。

ちょっと気になっていたけど、病院に行って聞くほどじゃないよな〜、

ということに対する答えが簡潔にのべられています。

特に、自律神経の作用に対する項目は、詳しく書かれており、思わず「へぇ〜」と声が出てしまうほどでした。

便秘解消について幅広く学ぶにはもってこいです。

まさに便秘解消の入門書と言えるでしょう。

どれから読んでいいかわからない、という方にはオススメの一冊です。

 

 

おすすめ第3位は「スーパー便秘に克つ!」です。

著者は病院で数多くの便秘患者と向き合ってこられた、山名哲郎先生です。

便秘解消というと食物繊維や水分の摂取が大切で、それでもダメなら下剤というのが通説ですが、

このような方法をとると、逆効果となるケースもあることが本書では語られています。

このような場合は、日常生活に注意するだけでは便秘症状を良くできないため、病院を受診する必要があります。

便秘ぐらいで病院に行くなんて、と思っている方に対する著者からの警鐘だと思って読んでみてください。

 

 

おすすめ第2位は、「臨床医のための慢性便秘マネジメントの必須知識」です。

著者は医学部で教授をつとめられている中島淳先生をはじめ、複数の医師によって書かれています。

便秘の解消法というと、さまざまな民間療法も含まれています。

その中には、科学的には効果を確認できない、”あやしい方法”も含まれているのが実情です。

こちらの本では、

EBM(根拠にもとづいた医療)を実践するためのさまざまなデータや知見が含まれています。

それだけ、専門的な内容ですので、知識のない方には少し読みにくい内容かもしれません。

しかし、あやしい民間療法でなく、科学としての便秘解消法を知りたい方にはとてもおすすめできる内容です。

 

 

おすすめ第1位は「排便力をつけて便秘を治す本」です。

著者は松生クリニックの院長である松生恒夫先生です。

なぜ便秘になるのか、

便秘を放っておくとどうなるのか、

解消していくためにはどうすれば良いのか、

といった内容がバランスよく書かれています。

中でもおすすめできるのが、下剤減量プログラムの実践法までが詳しく解説されている点です。

すでに便秘で悩んでいる方は、下剤を使用されている方も多く、下剤がないと排便できないという方も多いです。

そんな方にここまで詳しく丁寧に、便秘解消法を説明しているプログラムを他に見たことがありません。

おそらく、クリニックで多くの患者と接する中で生み出された方法なのでしょう。

便秘の専門的な本は、医療用語が多く、難しく感じられると思いますが、

松生先生の著書では、わかりやすい言葉を使って書かれているので、理解しやすいと思います。

もっともおすすめできる1冊です。

ぜひ、手元に置いて困ったときに読んでみてください。

 

 

番外編

今回ランキングには入れませんでしたが、実は当ブログの著者である私も本を執筆しています。

それがこちらです。

手前味噌ですが、タイトルにもある通り、便秘や腸のことについてよくわかる一冊になっていると思います。

便秘が引き起こされるメカニズムや、便秘解消法についてわかりやすい言葉や図を使ったり、

専門用語には解説をつけるなどの工夫をしています。

そして私は、理学療法士というリハビリの仕事をしていますので、

便秘や腸のことだけでなく、体の筋肉や動きについても知識があります。

その特徴を生かして、

排便に適した姿勢や、

うまく排便するのに必要な筋肉の鍛え方、

ストレッチの方法についても解説しています。

このような視点から書かれた本は、私が知る限り見たことがないので、

便秘解消に受けて新しい取り組みができると思います。

 

まとめ

便秘解消に役立つ本をランキング形式でお伝えしてきました。

インターネット上にも情報はあふれていますが、匿名のものであったり、信用できる情報なのかわからないものも多くあります。

本であれば、著者も名前をさらしている以上、あまり適当なことは言えません。

また、自分のお金を出して本を買うと、その分を取り返さなくちゃという意識が働くので、

内容を吸収しやすいですし、便秘改善に向けた行動も起こしやすいと思います。

ぜひ、今回ご紹介した本を手にとっていただき、便秘とおさらばしましょう。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク