消化管の構造と食べてから便が出るまでの時間

スポンサーリンク

消化管というとどんなイメージでしょうか。

胃や腸を思い浮かべられるでしょうか。

消化管という名前はついていますが、消化するだけではなく、吸収、排泄もするのが消化管です。

今回は、消化管の構造と食べ物を食べてから便で鳴るまでの時間についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク



消化管の構造

人は栄養を補給しなければ生きていくことができませんが、栄養を吸収するためには食べ物を消化する必要があります。

消化とは食べ物の栄養を吸収できる状態にまで分解することです。

 

消化は物理的(機械的)消化と化学的消化に分けられます。

物理的消化は食べ物をかみ砕いたり、胆汁や膵液などの消化液を混ぜて消化管の先に送ることです。

化学的消化は唾液、胃液、膵液、腸液などに含まれる消化酵素によって体に吸収できる最小単位にまで分解することです。

消化管はこのような消化の他、吸収と排泄の機能もあわせ持っています。

消化管は口腔・咽頭・食道・胃・小腸・大腸に加え、唾液腺、肝臓、膵臓といった消化液を分泌する器官を合わせた物をいいます。

では、順に紹介していきます。まず口腔では食べ物を咀嚼し、唾液と混ぜ合わせます。唾液によって嚥下がスムーズに行えるとともに、唾液に含まれる消化酵素であるアミラーゼによって炭水化物に含まれるデンプンが分解されます。

咽頭では軟口蓋と喉頭蓋によって鼻や肺に食べ物が流れ込まないようになっています。食道は成人で約25㎝ほどあり、逆流を防ぎながら食べ物を胃へ送り届けますが、食道自体には消化機能はありません。

胃は成人で1.3~1.5ℓほどの容量があり、強い酸によって食べ物を粥状に溶かしていきます。

小腸は十二指腸、空腸、回腸に分けられ消化・吸収を担います。

十二指腸では胆汁と膵液が分泌され、炭水化物、脂質、タンパク質が分解されます。小腸は全長6~7m程あり絨毛と呼ばれるヒダが内壁を被うことで表面積を広げ、より多くの栄養素を吸収できるようになっています。

大腸は成人で1.5~1.6m程の長さです。盲腸、結腸、直腸に分けられ便をためたり、出したりすることが主な機能ですが、小腸で吸収されなかった水分やミネラルを吸収する働きもあります。また大腸に住みつく数百兆の腸内細菌は便性を整えたり、免疫力を高める働きも担っています。

 

消化管の構造 腸について詳しく

腸は栄養を吸収できる唯一の器官であり、排泄を担う器官でもあります。

腸について詳しくお伝えしていきます。

まずは小腸についてです。小腸は十二指腸、空腸、回腸に分けられ、消化・吸収を担います。十二指腸では胆汁と膵液が分泌され、炭水化物、脂質、タンパク質が分解されます。小腸は全長6~7m程あり絨毛と呼ばれるヒダが内壁を被うことで表面積を広げ、より多くの栄養素を吸収できるようになっています。

小腸を広げるとテニスコート1面分の広さになります。

 

ところで、胃から小腸に内容物が移動するときにどうして内臓は溶けないの?と思ったことはありませんか。

胃は粘液によって保護されているため、自らの酸で溶けることは通常はありません。しかし強い酸性もの物が腸に流れると、腸内で炎症が起こってしまいます。

実際は腸が炎症を起こすことはありません。

なぜなら十二指腸で分泌される胆汁と膵液はともにアルカリ性の消化液だからです。胃酸と胆汁、膵液が混ざることで中和されて腸に害を及ぼすことなく流れていくのです。

 

大腸は成人で1.5m程の長さがあり、盲腸、結腸、直腸からなります。結腸はさらに上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に分けられます。大腸では小腸で吸収されなかった水分と、一部のビタミンミネラルが吸収されるだけです。

大腸の主な役割は排泄です。

大腸では内容物を移動、撹拌させるために、ぜん動運動や分節運動が行われます。ぜん動運動で便を移動させながら水分を吸収していき便を作ります。

また大腸では数百兆にも及ぶ腸内細菌の力を借りながら便を作っていきます。この便を作る過程のどこかに問題があると便秘や下痢を引き起こすようになります。

 

食べ物が便になるまでの時間

食べ物のともに色素を食べることで、便の色を変化させそれがどのくらいの時間で出てくるかを観察し、食べ物が便に変わるまでの時間を測定した実験があります。

この実験では24時間から48時間で便の色が変化しはじめ、72時間以内に色の変化が終わるとされています。

つまり今、便として出てきたものは早くとも1日前に食べた物ということです。

 

便秘になると、食べてから便が出てくるまでに時間がかかります。

ですので便秘の方は72時間以上前に摂取したものが便になっていると考えられます。

前述したとおり大腸は水分を吸収する機能があるので、便秘で便が腸内に留まり続けると、水分がどんどん吸収されてしまいカチカチ便になってしまいます。

 

まとめ

消化管の構造と食べてから便が出るまでの時間と題してお伝えしてきました。

消化管は字のごとく1つの管になっています。

ある生物によっては脳がなくても消化管だけで生きている生物もいます。

ある意味で脳よりも重要な器官といえます。

また便秘を改善するためには、食べてから72時間以内に排便する必要があります。

便秘改善には食生活など生活習慣の改善が必要です。

スポンサーリンク

関連コンテンツ