おならの成分 おならは何からできている?

スポンサーリンク

おならというとどのようなイメージがあるでしょうか。

臭うとか、ブーという音のイメージでしょうか。

おならは私たちの生命活動と密着してるものですが、その成分が何からできているかご存知ない方も多いと思います。

いつもおならが臭う方はそれが普通だと思われているかもしれません。

しかしおならの臭いはその成分によって変わります。

健康な人ほどおならの臭いは薄くなります。

おならの臭いがキツくなるかどうかは腸内細菌の働きが関わっています。

 

そこで今回はおならの成分が何からできているかについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク



おならの成分 1日に出るおならの量は?

1日のおならの量は500から2000mlとされており、かなり幅があります。

また、1回あたりのおならの量は50から500mlで1日に7から20回程度です。

おならの成分は、その65%から70%は飲み込んだ空気なのです。

食べ物や飲み物と共に飲み込むこともあれば、唾をのみこむときに一緒に空気が入ってくることもあります。

残りの30%から35%は体内で発生し、食事が消化される過程で産生されるものや、腸内細菌によって産生されるものなどです。

おならの成分は400種類ともいわれ、窒素、酸素、二酸化炭素、水素、メタンなどによって組成されます。

 

スポンサーリンク



おならから出る悪臭の原因は?

おならが臭うことは程度によりますが正常なことです。

しかし異常に臭いが強い方も中にはいます。

単に臭いだけなら体には実害が無いように思いますが、臭いの陰には重大な問題も含まれていることもあります。

そこでおならが臭くなる理由についてお伝えしていきます。

おならが臭くなる原因は臭いの強い食品を食べているためです。

にんにくやネギなどは食品自体の臭いがきついので当然便も臭います。

肉類などのタンパク質を多く含むものをたくさん食べると、アンモニアや芳香族アミンが増えることで臭いの原因になります。

 

また腸内細菌のバランスが崩れている時にもにおいがきつくなります。

善玉菌は発酵を起こしますが、悪玉菌が起こすのは腐敗です。

ですから悪玉菌が増える腸内環境では便の臭いがきつくなります。

上記したおならを臭くする原因は、早急な処置が必要なものが原因ではありません。

 

しかし、便の臭いがきつくなっている時には、消化管出血があると血液のにおいにより、臭いがきつくなることがあります。

便の色が赤色や黒色になっていないか、タール便が出ていないかということを確認します。

そのような所見が認められない場合は、臭いのきつい食べ物を避けたり、腸内環境を整えるため乳酸菌の摂取量を増やすなどの食生活の改善をすることで臭いが落ち着きます。

 

おならの問題は臭いだけじゃない

おならで問題になるのは、臭いだけではありません。

もう1つの問題はおなかの張りです。

あまりにおならが溜まり過ぎると痛みを引き起こすこともありますし、お腹が張った状態では身体を動かしにくかったり、食欲もわきにくくなります。

また、おならはいつどこでもできるという訳ではないので、音や匂いが周囲の人の迷惑にならないようにと精神的にプレッシャーにもなりやすいです。

おならはお腹に溜まり過ぎることや悪臭が問題となるので、空気が消化管に入りにくくすること、適度にガス抜きができること、においの少ないおならにすることがその対策となります。

具体的には、ビール、炭酸などの発泡性の飲料を飲み過ぎないようにして、食べ物はよく噛んで食べることです。

それにより消化管への空気の混入を減少させます。

また腸のマッサージ屋お腹を温めることで腸の働きを活発にし、ガスが移動しやすくすることでたまりにくくします。

 

まとめ

おならの成分や悪臭の原因になどについてお伝えしていきました。

おならは人前で出すのは問題ですが、我慢しすぎは健康に悪影響になります。

 

トイレに入ったり、人のいないところを見つけてガス抜きするようにしましょう。

その時、ガスが余りに似様であれば、ちょうないさいきんの バランスが崩れているかもしれません。

臭いを健康のバロメーターにして、おならの臭いにも注目してみると良いかもしれません。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク