たけしの家庭の医学より、腸内フローラ改善と便移植

スポンサーリンク

以前放送された朝日放送の「たけしの本当は怖い家庭の医学」をご覧になりましたか?

腸内フローラのフローラとは花畑とか草むらという意味があります。

腸内細菌が生息している様子が花畑のように見えるためこのような名前がついています。

番組内では、腸内フローラを構成する腸内細菌のバランスを整える方法や、便移植という少しショッキングな方法を紹介していました。

「腸の中に細菌がウヨウヨ棲みついている」

「その細菌を人から貰って自分の腸に入れる」

 

なんて聞くと、一般の人からしたら「汚そうで嫌だ」と思われるかもしれません。

しかし腸内細菌は我々の健康にとって欠かすことのできない働きをしてくれているのです。

 

番組では便秘、癌、肥満、アレルギー、うつ病などの原因は、腸内フローラの乱れからくるという図式でしたね。

腸のことなら当ブログの専門ですので、番組の内容を検証してみましょう。

ショッキングな便移植についても解説しますね。

 
スポンサーリンク


腸内フローラを整える食事

腸内フローラは腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも呼ばれ、腸内細菌の群れのことを言います。

腸内細菌の数は100~1000兆匹存在しています。

単位は「兆」です。果てしなく多い数ですよね。

 

この腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)の3種類があります。

このうち善玉菌が多い状態であれば、健康が保たれます。

しかし悪玉菌が多い状態だと、様々な不調の原因になりかねません。

悪玉菌が多い状態の人が陥りやすい不調で、代表的なものは「便秘」です。

 

番組で紹介されていた通り、善玉菌の助っ人になるのは発酵食品です。

代表的なものとして、

  • 納豆
  • 味噌
  • ぬか漬け
  • 塩麹
  • ピクルス
  • キムチ
  • 甘酒
  • ヨーグルト
  • チーズ

などが紹介されていました。

 

そして、善玉菌のエサとなる食物繊維が豊富に含まれるものとして

  • 大根
  • 山芋
  • 海藻類
  • 大麦
  • 人参
  • さつまいも
  • キノコ類
  • こんにゃくなど。

同じく善玉菌のエサとなるオリゴ糖が豊富に含まれるものとして

  • ごぼう
  • 玉ねぎ
  • バナナ
  • 大豆
  • アスパラガス
  • とうもろこし
  • リンゴ
  • はちみつ

などがあります。

 

これらを摂取するポイントは、善玉菌のエサは3食必ず食べること、助っ人である乳酸菌を含む発酵食品は、夕食時に数種類食べることが勧められていました。

ちなみに助っ人である発酵食品を食べることをプロバイオティクス、エサである食物繊維を食べることをプレバイオティクス、これら2つを合わせて行うことをシンバイオティクスと言います。

 

番組内ではこれらの食事を徹底した結果、善玉菌の数が増えるあるいは善玉菌の活性化がうかがえ、便通が改善したり体重減少、血糖値の正常化が認められたようです。

 

ただし善玉菌は健康な人でも、腸内細菌全体の約2割程度しか存在しません。

あとの8割のうち、1割が悪玉菌、残りの7割は日和見菌(ひよりみきん)なのです。

続いて日和見菌についてご紹介していきます。

 
スポンサーリンク


腸内細菌の最大派閥!日和見菌

お伝えした通り日和見菌が腸内細菌の中で最も多く、腸内細菌全体の70%を占めます。

日和見菌は善玉、悪玉菌のどちらかに協力しますが、いつも優勢な菌に協力します。

名前の通り日和見で、あっちについたり、こっちについたりするのです。

 

ですから健康な状態を維持できていて、善玉菌が多い腸内環境なら良いです。

しかし悪玉菌が優勢な腸内環境になってしまうと、日和見菌は善玉菌を裏切り悪玉菌に加勢します。

すると腸内環境は一気に悪化してしまいます。

つまり普段から、善玉菌を増やしておいて日和見菌をしっかり手なずけておく必要があるのです。

 

便移植

番組内では便移植について、健康な人の便を病気で悩む人の腸に注入することで、病気を治すものとして紹介していました。

腸内細菌の減少やバランスの乱れが便秘、肥満、糖尿病、うつ病、アレルギーなどさまざなま病気との関わりが分かりました。

そして便移植が腸内細菌の改善に、効果的であるとの研究結果が発表されたことにより考案されたものです。

 

番組内では潰瘍性大腸炎によって、繰り返す下痢や激しい腹痛、発熱に襲われた女性を紹介していました。

潰瘍性大腸炎について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

参照)潰瘍性大腸炎は完治するのか?

 

この潰瘍性大腸炎の治療法として便移植を紹介していました。

便移植は健康な人の便から腸内細菌を取り出し、それを病気の人の腸へと送り込むのです。

アメリカやオランダなどの欧米で考案された方法です。

 

実際の便移植の方法は便を生理食塩水で溶かし、不要な固形物を濾過したものを大腸の最も奥にある盲腸に流し込みます。

便移植に入院の必要はなく、番組で紹介された事例では劇的な効果があり、7年間悩まされ続けた腹痛が移植直後から出なくなったようです。

潰瘍性大腸炎は国から難病に指定されている病気ですので、この病気に悩む方たちにとって、この結果は希望になるでしょう。

ただこの方のケースは非常に有効に作用した事例であったようで、必ず効果が出るという訳ではないようです。

効果が出るのも移植から1~2週間後からのようです。

 

便移植のドナーとなれるのは、

  • 満20歳以上の健康な人
  • 感染症や寄生虫が認められない人
  • 患者自身が認める人

とされています。

以前は患者の2親等以内の者という項目が入っていたようですが、現在では問題ないことが分かりなくなっているようです。

 

また使用できる便の条件として、採取して6時間以内の新鮮な便でないといけないようです。

これは新鮮なものでないと、腸内細菌が死滅してしまうためです。

 

便移植については以前NHKの腸に関する特番でも取り上げられていました。

こちらでは、ラットを用いた研究でラットの性格に変化が出るという研究結果や、腸内細菌によって人のうつ病のような、気分の落ち込みにも改善効果があったという症例を紹介していました。

 

便移植ではないですが、人は生まれるときに腸内細菌を母親からもらっています。

その方法はもちろん便移植ではなく、分娩時に産道を通るときにお母さんから腸内細菌を貰っているのです。

その後、母乳を飲むことで腸内細菌は育ち、腸内に定着するようになるのです。

 

ちなみにコアラが食べるユーカリの葉には毒が含まれていますが、コアラがその毒に侵されないのは、無毒化できる特殊な腸内細菌を持つためです。

しかしコアラの赤ちゃんはこの腸内細菌を持たないため、お母さんコアラから腸内細菌をもらういます。

その方法が衝撃的なのですが、なんと糞を食べるのです。

食糞と言われる行為ですが、いくら毒を消すためとはいえビックリしますよね。

 

まとめ

たけしの本当は怖い家庭の医学で紹介されれていた腸内フローラのことや、近年注目を集めている便移植についてお伝えしてきました。

腸内細菌の数は数年前まではせいぜい100兆匹と言われていました。

しかし研究が進み分析方法が進歩すると今まで発見できなかった腸内細菌まで見つけることができ、今や1000兆匹存在するとまで言われています。

また今回ご紹介した、癌、便秘や肥満、アレルギー、うつ病などに腸内細菌が関連しているという研究もまだ始まったばかりで、実態は明らかになっていません。

今後研究が進めば、様々な病気を改善する手掛かりになるかもしれません。

そんな腸内細菌を整える方法が、日々の食生活にあるというのも朗報です。

病気におびえるだけでなく、予防のために日々の食生活を見直して、腸内フローラを整えることで健康を作ってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク