下血の原因とは?ストレスとの関連や検査法について解説!

スポンサーリンク

下血(げけつ)は「下る血」と書きますが、字の通り血液が肛門から排泄されることを言います。

一方、口から血液を吐き出すことを「吐血(とけつ)」と言います。

下血と吐血を総称して、消化管出血と呼びます。

吐血の場合は、十二指腸の先にあるトライツ靭帯より口側の出血によって起こる場合が多いのに対して、下血全ての消化管の出血によって起こる可能性があります。

つまり、トライツ靭帯よりも先での出血の場合、口から吐き出すことは不可能ですが、トライツ靭帯より口側で出血したものを吐血しない限りは、腸を通り、肛門から排泄され下血となるということです。

 

胃〜小腸の図

下血の原因 胃腸

トライツ靭帯

下血の原因 トライツ靭帯

トライツ靭帯が小腸を支えており、トライツ靭帯より口側が十二指腸、肛門側が空腸となる。

 

実際に下血を起こす病気は、大腸の病気であることが多いです。

下血が起こった場合は、その色を見ることでもある程度、出血部位を特定することができます。

具体的には、血液が本来の赤色であれば、肛門に近い大腸で出血が起こっていると考えられ、血液が黒くなっている場合は、大腸の始まりのあたりか、もっと口側で出血が起こっている考えられます。

血液は胃酸などによって酸化させられると、黒色に変化するので、赤くないからといって下血でないとは言えません。

 

今回は、このような下血を起こすことの多い腸の病気や、その病気を引き起こす原因、病院での検査方法などについて解説していきます。

 
スポンサーリンク



下血には理由がある 原因となる病気一覧

肛門から赤色の血液が出てきた時には、大腸の病気が原因となって下血が起こっていると考えられます。

※ただし出血量があまりにも多い場合は、大腸よりも口側の消化管出血でも赤色の場合があるので、注意が必要です。

まずは、腸の位置を図で確認しておきましょう。

小腸

下血の原因 小腸

大腸

下血の原因 大腸

 

下血を引き起こす原因となる大腸の病気を列挙します。

  • 腸重積
  • 大腸憩室出血
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸ガン
  • 大腸ポリープ
  • 虚血性大腸炎
  • 偽膜性大腸炎
  • 感染性大腸炎

 

同じ腸でも、大腸よりも口側に位置する小腸に原因のある下血では、黒色の下血となりやすいです。

下血を引き起こす小腸の病気は以下の通りです。

  • メッケル憩室
  • 腸重積

小腸は病気の少ない器官として、有名です。ですので、大腸に比べると数が少ないです。

大腸ガンにかかる人は多いですが、小腸ガンというのはほとんどありません。

 

腸の病気は下血につながりやすい

ここまで紹介してきたように腸の病気は下血につながりやすいです。

近年増加傾向にある、大腸ガンや、国から難病に指定されている潰瘍性大腸炎について詳しく解説します。

 

腸の病気と下血 大腸ガン

大腸ガンは、S状結腸や直腸などの肛門に近い部位に発生しやすいです。

そのため、赤色の下血を引き起こしやすい病気です。

食の欧米化に伴って増加してきた病気とされ、今や女性のガンによる死因の第1位にまでなっています。

大腸ガンは肝臓に転移を引き起こしやすいため、早期治療が大切です。

予防のためには、脂質の取りすぎを控え、食物繊維をしっかり摂取することが必要です。

 

大腸ガンについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

参照)大腸ガンが発生する原因とは?

 

腸の病気と下血 潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、直腸から始まり、口側に炎症が広がっていく病気です。

比較的若年者に多いのが特徴で、過剰なストレスや高脂肪食などの食習慣が原因と考えられています。

症状がよくなったり、悪くなったりを繰り返す特徴があり、長期化すると大腸ガンのリスクを高めてしまいます。

国から難病に指定されている病気ですので、専門医のものと適切な治療を受ける必要があります。

 

潰瘍性大腸炎については、こちらの記事で詳しく解説しています。

参照)潰瘍性大腸炎は完治するのか?食事から改善の道を探る

 

下血の原因は痔⁉︎

下血を引き起こす原因の一つに痔があります。

痔には、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)の3種類があり、それぞれ発症する原因が違います。

 

痔核(いぼ痔)は、直腸の血管でうっ血が起こることが原因です。

2足歩行を行い、下半身に血液が溜まりやすい人間にとって、痔核は宿命と呼ぶべき病気かもしれません。

血液が重力に従って、直腸に集中し流れが滞ることで、痔核が発生するのです。

この痔核が、大きくなり何らかの原因によって裂けると、そこから出血し、下血になります。

この時の出血は直腸で起こるので、真っ赤な鮮血が出てきます。

 

裂肛(切れ痔)は、便秘で硬くなったベンが肛門を通る時に、皮膚を傷つけ出血することが原因です。

文字通り皮膚が切れて出血するのです。

排便などに伴って下血することが多いです。

 

痔瘻(あな痔)は聞きなれない痔かもしれません。

直腸内にあるくぼみに下痢便などに含まれる菌が入り込み、感染してしまうことが原因です。

ひどくなると、直腸からお尻にバイパスができてしまい、便が漏れます。

上記の通り痔瘻では、痔核や切れ痔ほど出血することはあまりないので、下血の原因にはなりにくいです。

 

このように痔でも、下血が起こることがあります。

肛門科など専門医のいる医療機関で、適切な治療を受けるようにしましょう。

 

下血の原因 ストレス

下血を起こす病気にはストレスが原因と考えられているものもあります。

具体的には、先に紹介した潰瘍性大腸炎などです。

 

その他ストレスと聞いて、思い浮かぶ病気があるでしょうか。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍なども、ストレスが原因となって発症する病気として有名です。

これらの病気でも出血により、下血が起こることがあります。

 

しかし、胃潰瘍や十二指腸潰瘍によって下血が起こるときには、胃酸によって血液が酸化されるため、血液の色は黒くなります。

ですから、下血は赤色でなく、黒色になります。

またトライツ靭帯よりも口側での出血となるので、口から血を吐く吐血になることもあります。

 

ストレスがかかると胃や腸には負担がかかりやすいのです。

精神的なストレスがかかり過ぎないようにすることも大切ですが、仕事上のことであったり、人間関係など自分の力だけでは、どうしようもないことも多いと思います。

そこで、肉体的なストレスだけでも普段から気をつけて、避けるようにしておくべきです。

具体的には、食べ過ぎないようにする冷たいものばかりを飲食しないなどです。

食事は腹八分めの量をよく噛んで食べ、食事の後には、温かいお茶や白湯を飲むなど注意しておくだけでも、胃腸への負担は軽減します。

まずは出来る範囲で実践してみましょう。

 

下血の検査 病院ではこんな検査をする

下血が起こった場合、病院で行われる検査について代表的なものを列挙していきます。

なお、実際はこれら全ての検査を行うわけではなく、担当医の判断によって、必要なものに絞って検査されます。

  • 便検査
  • 血液検査
  • 食道内圧検査
  • 消化吸収試験
  • 蛋白漏出試験
  • 24時間食道pHモニタリング
  • X線検査
  • 内視鏡検査
  • エコー検査
  • CT、MRI検査
  • 血管造影検査
  • ピロリ菌検査

などです。

 

まとめ

下血の原因となる病気などについて解説してきました。

どのような病気が下血の原因になるかや、赤くないからといって下血とは言い切れないことなど、お分かりいただけたと思います。

下血の原因は多岐にわたるため、必然的に検査項目も多くなってしまいます。

下血を起こす病気の中には、命に関わる重大な病気が潜んでいることもあります。

真っ黒、もしくは真っ赤なうんちなど、いつもと違う排泄物があった時には、自己判断せずに専門医を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す