熱中症対策 建設業など屋外で仕事をする人は要注意!

スポンサーリンク

暑い時期に、建設業など屋外で働く方は、熱中症の心配をされる方も多いのではないでしょうか。

熱中症とは、

室温や気温が高い中での作業や運動により、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、身体がだるい、ひどいときいには痙攣や意識の異常など、様々な症状を起こす病気です。

 

建設業では現場の仕事と、事務所の仕事、両方があると思います。

現場で働く人は、熱中症に気を付けてこまめに水分を摂取していると思います。

しかし、事務所の中など屋内にいると、日差しに直接当たらないこともあって、水分摂取など熱中症への対策もおろそかになりがちだと思います。

熱中症が怖いのは、屋内にいても室温が高かったり、湿度が高くなっていると、熱中症になることがあるということです。

ですから、屋内にいるときにも熱中症対策をとるようにしていきましょう。

 

今回は、なぜ熱中症になってしまうのか、熱中症対策と腸の関係、気軽にできる熱中症対策について解説していきます。

 
スポンサーリンク



熱中症は予防できる!

熱中症予防のキーワードになるのは、環境調整体温調節機能です。

環境調整とは、屋内であれば室温の調整などで、その他に、涼しい服装にすることや日よけ対策をとることなどがあります。

屋内で、しかもエアコンが設置してあれば、環境調整は比較的簡単に行えます。エアコンの設定温度を調整するなどして対策をとりましょう。

この時に扇風機を使用すると、エアコンからの冷気が部屋全体に行き渡りやすいので、効率的に室温調整を行うことができます。

ちなみに室温が28℃以上になると熱中症になる危険性が高くなるため、細かくチェックしておきましょう。

 

 

一方、建設業など現場での仕事が多い場合は、その他の対策をとる必要があります。

具体的には、涼しい服装日よけ対策をとることです。

服装については、仕事中であればある程度、制限されると思います。

そのような場合も、下着、インナーウェアまでは指定されないと思います。

最近は、速乾機能のあるインナーも多いです。

汗が蒸発するときに、熱も一緒に逃げていきます。これを気化熱といいます。

速乾機能のあるインナーは、この機能を利用して体に熱がこもるのを防ぎます。

 

現場で使用するヘルメットも、遮熱使用のものを選ぶと良いです。

加えて、首は細いところに太い血管が通っているので、ここの熱を取っておくと、体温調整が行いやすくなります。

首に巻きつけて使用するものがあります。

 

体温調整機能とは、暑い時には汗をかいて体を冷やしたり、反対に寒い時には震えるなどして、発熱を促す反応のことです。

汗を出すためには、適量の水分摂取が必要です。

人は1日に体重×0.04の水分量が必要です。

つまり体重が50㎏の人であれば、50㎏×0.04=2.0ℓの水分量が1日に必要ということになります。

これに加えて、汗をよくかく季節には、汗が出た分を水分摂取する必要があります。

1日に2ℓプラス汗をかいた分、水を飲むとなると、結構な負担に感じられる方も多いかもしれません。

実は、普段食べている食べものにも水分は含まれています。

普通の量を食べていたら、1ℓ程度の水分が食物に含まれているのです。

ですから、飲料水として必要なのは、50㎏の人であれば、最低1日に1ℓと言えます。

ちなみに、このときに飲む水は、カフェインを含まないお茶や水にしてください。

カフェインには利尿作用があり、飲んでもおしっこになってしまいやすいため、水分摂取の効率が悪いです。

またジュースには糖分が過剰に含まれています。

嗜好品として少量飲むのは構いませんが、水分摂取を目的にジュースを何リットルも摂取していては糖分の過剰摂取につながりかねません。

体温調節機能が正しく働くためには、体全体が健康である必要があります。

そのためには、普段から栄養のバランスが取れた食事を摂取したり、体力が落ちないように適度な運動を行っておく必要があります。

 
スポンサーリンク



熱中症と水分補給 吸収は腸から

1日に必要な水分量は、お分かりいただけたと思います。

では摂取した水分は、どこから体に吸収されていくかご存知でしょうか。

ほとんどが小腸、大腸から吸収されます。

まずは小腸と大腸の位置を図で確認しておきましょう。

 

急性腹症症状CT鑑別

腸に到達した水分のうち、8〜9割が小腸で吸収され、残りの1〜2割が大腸から吸収されます。

 

ですから、摂取した水分をしっかり吸収するためには、腸が健康である必要があるのです。

反対に言えば、いくら水を摂取しても、腸の機能が悪いと、体には吸収されていきません。

 

では、腸の機能を保つにはどのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

基本的には、健康な体を作るために行うことと変わりません。

大切なのは、栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠です。

 

腸は自律神経によってコントロールされています。

自律神経のバランスを整えるためには、十分な睡眠時間をとることが必要です。

ですから、特にしっかりと眠ることは大切です。

このようなことに気をつけて、腸の機能を維持し、しっかり水分吸収ができる体にしておくことも、大切な熱中症予防となります。

 

まとめ

建設業など屋外で活動する人の熱中症予防について解説してきました。

温暖化が進行している昨今では、以前とは比べ物にならないほど熱中症が増えてきています。

特に、炎天下で活動する建設現場などでは注意が必要です。

仕事をしていると、集中しているあまり水分摂取が後回しになりがちです。

熱中症になってしまって、重症化するようであれば、仕事にも支障をきたしてしまいます。

熱中症になる前に対策をとって、気持ちよく仕事をしましょう。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク