大腸の機能と働き 大腸をいたわり便秘、下痢を改善!

スポンサーリンク

食べた物が体の中で最後にたどりつくのは大腸です。

そんな大腸は「便」をつくるところとして認識されていることが多いと思います。

そして世間一般の感覚として、脳や心臓は大切だけど大腸はそれほどでも…といったように思われている方が多いと感じます。

しかしその大腸の働きを詳しく知っている方は少ないです。

大腸の果たす役割を知れば脳や心臓にも劣らない重要な臓器であることがお分かりいただけると思います。

 

そこで今回は大腸の機能や働きを詳しく解説し、便秘や下痢がなぜ起こるのかまでお伝えしていこうと思います。

大腸の存在は知っているけど詳しくは分からないという方はぜひ今日の内容をしっかり読んで見て下さい。

 
スポンサーリンク



大腸の解剖学 大腸の長さやパーツごとの働き、機能について

まずは大腸の詳しい位置をご存知ですか?

画像で確認していってみましょう。

位置関係を確認しやすいように始めのに消化器系の全体像をお見せします。

消化器系と子宮

 

肋骨の辺りに肝臓や胃があってその下に小腸、大腸があります。

 

続いて大腸だけの画像を確認してみましょう。

大腸 女性

 

大腸はお腹をぐるっと取り囲むようにして存在しています。長さは1.5m~2mほどあり、だいたい身長と同じくらいの長さがあると言われています。

小腸は6~8m程あるので小腸と比べるとずいぶん短いですが太さは小腸の2倍程度あります。

また大腸は筋肉のあるところ以外は壁を薄くして伸びやすいようになっています。それは便をためることができるようにするためです。

 

大腸は盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に分けられます。機能や働きもそれぞれ違います。

106814

 

この大腸の中で注目していただきたいのが「盲腸」と「虫垂」です。

盲腸は大腸の始まりのところですが、そこからシッポのように虫垂がでています。

よく「盲腸になった」というのは多くはこの虫垂が炎症を起こしている状態のことを指します。

 

この虫垂はリンパ装置として体に害となるものを検知する機能を持っています。

小腸から盲腸に流れてきた食物のカスは、虫垂に流れ込みここで有害なものがないかチェックする機能があります。

 

なぜ、排泄するものをチェックするか分かりますか?

それは有害なものを排泄して環境汚染を防ぐためです。

 

我々の排泄した物はやがて土にかえり、そこから植物が生え、その植物を動物が食べというように循環しています。

有害なものを排泄し続けていたらいつか自分たちの子孫に悪影響がでる可能性があるのです。

それを防ぐ為に虫垂でチェックして有害物があれば肝臓に送り返し、無毒化して排泄するのです。

人間の生物としての知恵としての機能があるのが虫垂なのです。

 
スポンサーリンク



大腸に便をためておくのはなぜ? 腸が長いのには訳がある

栄養の吸収は小腸でほとんど終わっているので、大腸は残りのカスからいくらかの水分とビタミンなどのわずかな栄養を吸収するだけの働きしかありません。

そのような器官がなぜ1.5mもの長さがあるのでしょうか。

残りカスならさっさと捨ててしまえばいいのにと思いませんか。

 

実はこれにも訳があります。

それは、まだ人類が森の中で暮らしていた時には排泄する場所を限定しておく必要があったのです。

ところ構わず便が出ていては天敵から臭いですぐに場所を察知され食べられてしまう危険性があったのです。

ですから、1日おき程度に体の中にある程度ためておく機能が必要でした。

 

現代では野獣に襲われる危険性はありませんが、社会生活を営む上では便をためて置けれる機能は重要ですね。

ところ構わず粗相するようでは困ってしまいますよね笑

そういったわけで太古の昔は野獣に襲われない為、現代では社会生活を営むために腸はある程度の長さを保ち便をためておく機能があるのです。

 

大腸の病気 大腸がんの原因は「胆汁」にある

大腸がんができやすいのはS状結腸から直腸にかけてです。

 

お肉には脂肪が含まれていますが、その脂肪を吸収しやすい状態にするために肝臓から「胆汁」という消化液が作られています。

実はこの「胆汁」は発がん性物質です。

ですから、脂肪をたくさん含んだお肉を食べた時には野菜などの食物繊維をしっかり食べて腸か脂や胆汁をしっかり排泄させなければなりません。

トンカツの付け合せにキャベツが大量にあるのは合理的と言えます。

胆汁が大腸の中に残ってしまうと腸内細菌の悪玉菌によって二次胆汁酸に変えられてしまいます。

ここから近年日本人に多い大腸癌へとつながっていってしまうのです。

ですからお肉など油ものの摂取はほどほどに、そして食べたときは食物繊維をしっかり摂るということを意識しておいて下さい。

 

大腸で便秘になるか下痢になるかを決めるのは便の水分量

食物の残りカスが大腸の中を進んでいく間、水分や一部のビタミンなどは吸収されます。

大腸が吸収するものは小腸はほど多くはありません。

しかし、最終的には食べ物のカスは大腸に送り込まれた時と比べて4分の1程度の量になります。

 

直腸には吸収する機能がないためここで「便」になります。

盲腸に消化物が入ってきたときには液体ですが、最終的に排泄するときの水分量は約70%です。

直腸にまで到達したときにこれより水分量が少なければ便秘傾向、多ければ下痢傾向になります。

便秘になるか下痢になるかはあるいは理想的な便になるかは直腸に来るまでの水分量が決め手になるのです。

 

まとめ

大腸の働きや機能を解剖学を交えてお伝えしてきました。

大腸は人間が子孫を繁栄させようとしていく過程で長くなり、様々な機能を発展させてきました。

便秘や下痢は不快感が強く一刻も早く治したいものですが、その裏で出てくる症状というのは体からのSOSのサインであることが多いです。

便秘や下痢が意味する体のSOSとは何なのか?身体の声にしっかり耳を傾けて便秘や下痢の改善を目指していきましょう。

また大腸を語る上で腸内細菌のことは欠かせません。腸内細菌についてはやせる!腸内細菌を増やす食べ物とはイライラするのは便秘のせい?腸内細菌とホルモンの関係を参考にしてみて下さい。

 

 

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク