オリーブオイルと腸の関係。その便秘解消効果を解説

スポンサーリンク

便秘解消には適度な水分や食物繊維、乳酸菌の摂取が必要なことはこのブログでもお伝えしておりますし、ご存知の方も多いと思います。

ただあれこれ気を遣って継続するのは難しい・・・と思われる方はオリーブオイルがその助けになってくれるかもしれません。

オリーブオイルは昔から地中海地域では「薬」としても使われてきました。

便秘改善のためにも使われ、イタリアでは現代でも子どもの便秘解消にスプーン1杯のオリーブオイルを摂らせる習慣があるそうです。

イタリア版おばあちゃんの知恵袋と言ったところでしょうか。

日本でもそうですが、おばあちゃんの知恵袋のような伝統的に行われてきた風習や習慣は実際に効果的なことが多いです。

現代人が科学で証明しようとしていることは先人の知恵を理屈で説明しようてしていることが多いです。

昔から言い伝えられている習慣というのは、効果があるからこそ残ってきたものであるのでそれをうまく活用しない手はありません。

「便秘」にオリーブオイルというのもその1つの方法です。

 

今回はオリーブオイルが「便秘」にどのように作用するのか?やどのようなオリーブオイルを選べば良いのかまで今日から使える情報を具体的にお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク



オリーブオイルの成分オレイン酸の整腸作用

オリーブオイルの成分はオレイン酸70%、飽和脂肪酸15%、リノール酸10%、その他5%で構成されています。

このうち腸に良い働きをして便秘改善につなげてくれるのはもっとも比率の多いオレイン酸です。

植物油に含まれる脂肪酸は小腸で吸収されますがオレイン酸は他の脂肪酸に比べて吸収に時間がかかります。

このオレイン酸は吸収されるまでの間、小腸を刺激し続けます。この刺激により小腸の運動であるぜん動運動が起こります。

ぜん動運動によって腸の内容物である便が先に送られていくので便秘改善にもつながるのです。

 

またオレイン酸は血液中のコレステロール量を調整する効果もあります。

さらにオレイン酸には抗酸化作用の強いビタミンEも含まれており血管を丈夫にして血流改善効果があり、腸にも血液を通して栄養が届きやすく、老廃物も除去されやすくなります。

このような抗酸化作用や血流改善作用は炎症性腸疾患の原因となる活性酸素の除去にも役立ちます

炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎では便秘や下痢を生じますので、ここでもオリーブオイルの力で便秘、もしくは下痢まで改善させることができます。

 

便秘解消に向けて オリーブオイルの使い方

オリーブオイルはヨーロッパ地域では「薬」としても使われています。しかし油は油。これをそのまま飲むのはすこし勇気が必要かもしれません。

忙しい朝にはスープや味噌汁にオリーブオイルをティースプーン1杯ほどかけて食べるだけでも良いです。

特に味噌汁には便秘改善に有効な水溶性食物繊維を多量に含む「わかめ」や腸内細菌の働きを高める跛行食品である「味噌」が使われていますので、便秘改善には一石二鳥にも三鳥にもなると言えます。

昼食や夕食ではサラダにオリーブオイルをかけたり、刺身にかければカルパッチョになり料理のバリエーションも増えます。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

またオリーブオイルは数ある植物油の中でもその組成がもっとも母乳に近く消化しやすいと言われています。

このことからイタリアやスペインでは昔から離乳食としてこのオリーブオイルを使っているのです。

ですから食べ過ぎや飲み過ぎでた翌日、胃もたれでツライ…という時にもオリーブオイルの力をかりるとよいです。

 

オリーブオイルの選び方 便秘解消のためには良質なオリーブオイルが必須

オリーブオイルには様々な銘柄があります。

これは試飲をしてみて好みのものを選んでよいです。

ワインを選ぶようにお気に入りの風味を選んでみて下さい。

 

オリーブオイルと一口に言っても様々なグレードがあります。

よく見かけるのはエクストラ・バージンオリーブオイルです。

実はこのエクストラ・バージンオリーブオイルがもっともグレードが良いものになりますので、こちらを選ぶのが良いです。

これはオリーブの実から機械などを使って搾り取ったもので、熱や化学的な処理をほどこしておらず酸度が0.8%以下のものを指します。

エクストラ・バージンオリーブオイル以外のものは以下の種類があります。

 

バージンオリーブオイル

  • バージンオリーブオイル  酸度2%以下
  • オーディナリーバージンオリーブオイル 酸度3.3%以下
  • ランパンテバージンオリーブオイル 酸度3.3%以上(工業用油)

精製オリーブオイル

精製オリーブオイル 酸度0.3%以下

ランパンテバージンオリーブオイルを精製(脱酸・脱色・脱臭などの処理)したもの

オリーブオイル

オリーブオイル 酸度1%以下

精製オリーブオイルとバージンオリーブオイル(ただしランパンテバージンオリーブオイルは除く)をブレンドしたもの

 

まとめ

「オリーブオイルと腸の関係。その便秘解消効果を解説」と題してお伝えしてきました。

水分摂取、食事の見直しが便秘改善の基本ですが、ヨーロッパでは「薬」としても使われるオリーブオイルを使うのも特効薬としてはアリです。

ただし特効薬は一時的なものにしてください。

体を作る基本は日々の食事です。

オリーブオイルで便秘を改善したら食生活も見直してください。

スポンサーリンク

コメントを残す