女性はなぜ冷えやすい?冷えが免疫力も腸機能も低下させる!

スポンサーリンク

最近は低体温の方が増えています。

冷え性があっても本人はその体温が普通なので問題視していない方が多いです。

しかし冷えは腸の機能低下や免疫力の低下まで招きます。

そして冷えは男性よりも女性に起こりやすいとされています。

今回はなぜ女性が冷えやすいのか、冷えによって腸が機能低下し便秘になったり、免疫力が低下してしまう原因についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク



万病の元 冷えとは何か?

人の体は一般的に内臓の方が温かく、手足など末端の方に行くほど冷えていきます

健康な人の手足は適度に温かいですが、これは血流によって体温が運ばれているためです。

つまり温かい内臓から出た血液が手足まで届き、冷えを防いでいるのです。

 

ところが血流が悪くなると体温がうまく末端の方まで運ばれず冷えが生じてしまいます。

血流が悪くなると栄養も全身に十分に回りきらなくなり、各細胞の活動も低下してしまいます。

細胞の活動が低下すると産生される熱量も少なくなるので、余計に冷えていくという悪循環に陥ります。

 

ただ「冷え」という症状を感じられるということは、身体からのサインをしっかりキャッチできているということでもあります。

「冷え」という症状も体からの1つの警告としてのサインなのです。

冷えを感じるからこそ、温かい服を選んだり、運動して体を温めるという選択もできます。

このような対処法だけでなく、暑くなれば血管を拡張して汗をかいたり、冷えや寒さを感じれば血管が収縮して鳥肌を立てたりとか体自身も冷えに対処をしてくれます。

この機能を体温調節機能と言います。

 

体温調節機能は自律神経によってコントロールされているのですが、慢性的に冷えがある方の場合はこの自律神経にも乱れが生じていることが多いです。

 

そしてこの自律神経の乱れが腸の不調の引き金にもなります。

当院にご来院される方のうち冷えを訴えられるのは、男性よりも女性の方が多いですが、冷えを訴えられる方の多くが便秘など腸の不調もある方が多いのです。

 

自律神経の働きが乱れ、交感神経の働きが優位になると腸の機能は低下します。

そして交感神経は血管を収縮させますので、その状態が続くと腸への血流量も低下し、腸へ十分に栄養が届かないため腸機能が低下し、便秘などの腸の不調を発症しやすくなるのです。

 

このようなことが起きるのは女性に多いのですが、なぜ女性は冷えやそれに伴う便秘などの腸の不調に悩まされることが多いのでしょうか。

 

女性はなぜ冷える?原因は体の特徴にある

女性が冷えやすいのは体の構造にその原因があります。

女性が冷えやすい原因 その1

男性と比べて女性は筋肉量が少ないため。

女性 冷え 便秘 筋肉

熱は筋肉の活動から生まれるものが多いので、筋肉量が少ないと基礎代謝が少なくなり、それにより発生するエネルギー量自体が少なく冷えやすくなります。

 

女性が冷えやすい原因 その2

女性ホルモンの影響により冷えやすくなる。

女性 冷え ホルモン 便秘

月経前には黄体ホルモンが増えるのですが、このホルモンが放出されると手足の末端は冷えやすくなります。

特にこの黄体ホルモンが子宮の近くにある腸にも作用すると、腸の動きが悪くなり便秘にもつながりやすくなります。

 

また女性ホルモンと自律神経をコントロールするのは脳の視床下部という場所です。

女性ホルモンのバランスが乱れれば自律神経の働きも一緒に乱れてしまい、うまく体温をコントロールできずに冷えに繋がることがあります。

 

女性が冷えやすい原因 その3

過剰なダイエット薄着によって冷えやすい。

女性 冷え ダイエット 薄着 便秘

ダイエットの経験がある女性は多いと思いますが、過剰にダイエットをやり過ぎると必要な脂肪まで落ちてしまいます。

脂肪には保温効果があります。必要な脂肪まで落ちてしまうと熱を体に留めておくことができなくなります。また、食事によって身体は温もりますが食事制限が過剰になるとその熱酸性も不十分になり冷えに繋がります。

さらに最近はファッション性を重視して寒い季節でも足を出したり薄着になる若い方が目立ちます。

薄着でいるとやはり体は冷えやすいです。このようなことも女性の冷えの原因の1つになります。

 

冷えが免疫力も低下させる理由

お腹が冷えると腸の機能が低下して便秘にも繋がりやすいですが、もっと怖いのが冷えは免疫力の低下にもつながるということです。

免疫とは細菌、ウイルスや癌細胞などの病原体から私たちの体を守ってくれているもので、白血球である顆粒球(かりゅうきゅう)リンパ球がその役割を担っています。

顆粒球やリンパ球は冷えた体では働きが鈍ります。

私たちが真冬に薄着で屋外に出たら手がかじかんで、うまく動かすことができないのと同じです。

一説によると体温が1℃下がると、免疫力が30%程度低下するとも言われており体温と免疫力には密接な関係があります。

 

このような冷えを起こさないためには腸の状態が大切です。

腸は非常に大きな表面積があるので、腸が温かいか冷えているかによって全身の体温まで左右するのです。

腸から温めて冷えにくい体を目指しましょう。

 

まとめ

「女性はなぜ冷えやすい?冷えが免疫力も腸機能も低下させる!」と題してお伝えしてきました。

女性がなぜ冷えやすいか、冷えるとなぜ便やなど腸の不調になりやすいかお分かりになりましたでしょうか。

女性は身体的な特徴でもともと冷えやすいので、意識的に体を冷やさない習慣が必要になります。

無理な薄着は控えたり、なるべく温かいものを摂るようにすることも大切です。

腸の機能を改善し、腸から身体を温めるには「腸もみ」も有効です。

体を冷えから守り温める飲み物や、腸もみについてこちらの記事でも紹介していますのでご参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す