肥満解消のポイントは日和見菌を味方につけること!

スポンサーリンク

腸内細菌は日和見菌(ひよりみきん)が最も多く全体の7割程度を占めます。

ヤセの人が「いくら食べても太らない」のも、肥満の人が「ダイエットしても痩せない」のも、腸内細菌に原因があるのです。

 

そこで今回は、太りやすい人の腸の中では何が起こっているの?という疑問にお答えしていきます。

無理な食事制限をする前に今回のブログを読んでみて下さい。

 
スポンサーリンク



肥満の人の腸内は悪玉菌優勢?

まずは腸内細菌について簡単にご説明しておきます。

腸内細菌は健康な人で約600~1000兆匹が腸内に生息しています。

小腸よりも大腸にいること多いです。

善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌(ひよりみきん)が7割の割合で生息しています。

 

日和見菌というと聞き慣れない名前かと思いますが、実はこれが最も多いというのは意外ではないでしょうか。

この日和見菌は善玉菌、悪玉菌のうち優勢な方の味方につく菌です。

 

健康な身体では善玉菌が優勢ですから、日和見菌も善玉菌と共に健康な身体を保つために働いてくれます。

しかし、何かのきっかけで悪玉菌が優勢になってしまうと日和見菌は悪玉菌に寝返り、体に悪い働きをしだします。

日和見菌は強い方につくちょっと「都合のいいやつ」かもしれませんね。

 

そうは言っても日和見菌は腸内細菌の中で最大勢力ですから、私たちは善玉菌が優勢な身体作りを心がけ日和見菌を味方につけるしかありません。

 

 

では肥満と腸内細菌がなぜ関係があるのかについて解説していきます。

ひとくちに日和見菌といってもその中には様々な種類があります、悪玉菌に味方しやすい菌と、善玉菌に味方しやすい菌がいます。

 

悪玉菌に味方しやすい日和見菌の1つにフィルミクテス門がいます。善玉菌に味方しやすいものの1つはバクテロイデス門です。

 

フィルミクテス門は食物繊維などからエネルギーを取り出すのが上手い腸内細菌です。

一方バクテロイデス門はフィルミクテス門ほどうまくエネルギーを取り出せません

 

この差が肥満とヤセを分けているのです。

 

実際に科学雑誌で有名な「ネイチャー」(2008年)には太っている人の腸内細菌にはフィルミクテス門が多く、ヤセている人の腸内細菌にはバクテロイデス門が多いと紹介しています。

 

つまり、肥満の人はフィルミクテス門が多いので必要以上にエネルギーを吸収してしまっているということです。

これでは食事制限をしても痩せないのは当然です。

 

太りにくい体を作るには 日和見菌を善玉菌の味方に!

ここまでのお話でお分かりのように日和見菌の一種であり、悪玉菌に加勢するフィルミクテス門が肥満の原因です。

 

であれば、これを排除すれば無理なダイエットをしなくても自然と痩せやすい体になっていくのです。

 

そのために大切なのは善玉菌優勢な腸内環境を作ることです。

善玉菌を優勢にするにはまずは植物性乳酸菌を食事から摂ることです。

 

乳酸菌と言えばヨーグルトのイメージがあるかもしれません。

 

しかしヨーグルトのように動物から摂れる乳酸菌は胃液によってほとんどが死滅します。

実は乳酸菌は死滅していても善玉菌の力となるのですが、せっかくなら生きて腸まで届く乳酸菌を摂取した方が良いです。

 

 

その生きて腸まで届く乳酸菌が植物性乳酸菌なのです。

これは日本のお家芸ともいえる発酵食品の中に多量に含まれています。

 

納豆、みそ、しょうゆ、ぬか漬けなどなど…です。

日本人の体に合うのはやはり日本食なのです。

植物性乳酸菌についてはこちらをご覧ください。

参照)生きて腸まで届く植物性乳酸菌

 

 

あとは植物性乳酸菌に加えて食物繊維も欠かせません。

食物繊維は体内酵素で消化できないので、そのまま腸まで届き腸内細菌のエサとなります。

腸内細菌もエサ無くしては増えることができませんからしっかり食べましょう!

 

食物繊維が多く含まれているのは、野菜類、イモ類、根菜類、果物類などです。

食物繊維の正しいとり方についてはこちらをご覧ください。

参照)腸内細菌を元気にする食物繊維

 

ちなみに食物繊維をご飯など糖質を含むものの前に食べると、糖の吸収が穏やかになり肥満や糖尿病の予防にもなると言われています。

ただしお腹が減っているからと言って、よく噛まずに飲み込むのは禁物です。

 

消化しにくい食物繊維だけあって、よく噛まずに食べていると消化不良を起こし、かえって腸に害となることもあります。

1口あたり30回は噛むようにして飲み込んでください。

 

まとめ

人類の歴史を見ると飢餓状態に苦しむ期間の方が圧倒的に長かったのです。

そんな飢餓状態ではフィルミクテス門のようなエネルギー回収の上手い腸内細菌は有効でした。

しかし現代のように食べ物にあふれている生活では、無用となっているのです。

腸内細菌はそんなことは当然知らないわけですから、私たちが食生活を代えて意識的に活躍する腸内細菌を変えていかないと健康な身体にはなりません。

賢く体を健康にしていきましょう!

スポンサーリンク

関連コンテンツ