腸の栄養吸収をよくする決定的手段

スポンサーリンク

 

体の中で栄養を窮してくれる唯一の器官は小腸ですが、単にガツガツ食べているだけでは腸はしっかり栄養を吸収してくれません。

「私は痩せたいから栄養を吸収してくれない方がいいです」なんてもし思われていたなら、それは逆効果になってしまうので要注意です!

 

なぜ逆効果になるか?それは腸がしっかり栄養を吸収してくれないと全身の細胞に栄養が行き渡らないからです。

栄養が行き渡らないと、全身の細胞はうまく働くことが出来なくなってしまいます。

全身の細胞の働きが悪くなると代謝が落ちて、身体が使うエネルギー量が落ちてしまうのでエネルギーが余り、結果として痩せにくい体になってしまいます。

また、栄養状態が悪いとお肌にも悪影響となります。お肌自体に栄養が届いていないとどんな高価な化粧水をつかっても効果は半減してしまいます。

しっかり栄養を吸収することで痩せやすく、肌の状態もよい体を手に入れることが出来ます。

 

吸収できる体が大切という事をお分かり頂けたと思うので、ここからはしっかり腸から栄養吸収ができる方法についてお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク



腸からの栄養吸収について

まずは食べ物についてです。

「食べ物」と聞くと何を食べたらいいのかな?と思われるのではないでしょうか?

 

意外な答えかもしれませんが、最も大切なのはお腹が減ってないのに食べないという事です。

食事の時間を決めてとるのはリズムを刻むという点では良いのですが、

「お腹は空いてないけど時間が来たから」とか「なんとなく口がさみしいから」といった理由でお腹が空かないうちにご飯を食べてしまうのは腸の栄養吸収によくありません。

なぜかといと、このような空腹を感じずに食事をとる生活をしていると「モチリン」というホルモンが十分に分泌されないからです。

「モチリン」は「お腹が減った~」と感じたときに分泌されるホルモンです。この「モチリン」は腸を動かす指令を出します。

つまり「モチリン」十分分泌されることで腸がしっかり働いてくれます。

この腸の働きを専門的に言うと蠕動運動といいます。

 

蠕動運動が起こることで食べた物が腸の中でしっかり動き、吸収されていきます。

ですので、腸の栄養吸収を良くする1つ目の秘訣は「空腹を感じてから食事を摂る」ということです。

そのためには間食はなるべく避けた方が良いですし、お腹が減っていないのであれば欠食すること良いと思います。

 

欠食なんて身体に悪い。という意見もあるかもしれませんが、モチリンの分泌のされ方を考えるとそうとも言えないと思います。

それに食事を食べるという事は体を消化、吸収、排泄をしないといけなくなります。

それらを休みなく行っていればいつかは疲れてしまうというのは当然です。

内臓を休ませてあげる時間も必要なのです。

 

内臓を休ませるという話になったので、食べ過ぎの害についてもお話ししておこうと思います。

 
スポンサーリンク



食べ過ぎの害について

食べ過ぎが良くないのは酵素の無駄遣いになるからです。

「酵素」というのは「代謝酵素」と「消化酵素」に分けられます。

それぞれ生命活動の維持に関わるのですが、

「代謝酵素」は体調を整えてくれたり、免疫力を高めて健康を保ってくれます。

「消化酵素」は言葉のままで食べ物を消化するときに働いてくれる酵素です。

これらの酵素の全体量は限られているため、食べ過ぎが続くと消化酵素ばかり大量に使ってしまい。代謝酵素が足らなくなってしまうのです。

そうすると体調を崩していってしまいます。

 

野生動物は怪我をしたり調子が悪い時にはエサを食べないそうです。

 

それは、おそらく怪我を治したり、調子を整えることを優先させるために代謝酵素を使い、エサを食べないことで消化酵素の無駄遣いをしないという野生の本能なのでしょう。

 

人間も調子が悪くなると食欲がなくなることがありますが、それは体が求めてそうしていると考えることもできます。

 

まとめ

腸の栄養吸収をよくする決定的手段と題してお伝えしてきました。

大切なのは空腹を感じてご飯をおいしくいただくこと。

食欲がない時には無理して食べない。

そして、内臓のために食べ過ぎは控える。ということです。

腸からしっかり吸収して腸から美しくなる腸内美人を目指しましょう。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク