はぐくみオリゴの効果的な飲み方とは

スポンサーリンク

「はぐくみオリゴを購入したけど、どうやって飲めばいいかわからない」

「はぐくみオリゴの効果的な飲み方を知りたい」

オリゴ糖の効果に注目された方なら、健康への関心は高いはずです。

そんなあなたなら、より効果的な飲み方を知りたいと思われるでしょう。

 

オリゴ糖の摂取は、腸内のビフィズス菌を増やすのに役立ち、便秘解消への効果を示唆する研究が数多くあります。

そんな研究に着目して、最近はオリゴ糖製品を多く見かけるようになりました。

研究の結果やオリゴ糖製品の売れ行きを見るかぎり、オリゴ糖は確かに便秘に効果があるのだろうと思います。

 

だからこそ、その効果を損ねず、より効果的に飲みたいと思うのは当然のことです。

 

そこで今回は、便秘改善のための、より効果的な、はぐくみオリゴの飲み方について解説していきます。

 
スポンサーリンク



はぐくみオリゴの効果的な飲み方とは

はぐくみオリゴには、

  • ガラクトオリゴ糖
  • キシロオリゴ糖
  • 乳果オリゴ糖
  • フラクトオリゴ糖
  • ビートオリゴ糖

の5つのオリゴ糖が使用されています。

これは、他のオリゴ糖製品と比べてみても、トップクラスに種類が多いです。

 

ちなみに、オリゴ糖の研究では、

ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖は1.0gの摂取で、

キシロオリゴ糖は、0.7gの摂取で、

それぞれビフィズス菌の増殖効果が認められています。

参考文献)岡崎昌子,藤 川茂昭,松 元信也:キ シロオリゴ糖のビフィズス菌増殖効果,栄 食誌,43,395~401 (1990)

玉井 智,中 村泰之,小 沢 修,山 内謙三:ガ ラクトオリゴ糖のヒト腸内フローラお よび代謝産物 に及ぼす影響,応 用糖質科学,41,343~348(199

徳永隆久,中 田裕子,田 代靖人,平 山匡男,日 高秀昌:フ ラクトオリゴ糖摂取が健常人の腸内細菌叢および便通に及ぼす影響,ビ フィズス,6,143~150(1993)

 

さらに、フラクトオリゴ糖は1.0gの摂取で排便回数も優位に増加するという研究もあります。

参考文献)徳永隆久,中 田裕子,田 代靖人,平 山匡男,日 高秀昌:フ ラクトオリゴ糖摂取が健常人の腸内細菌叢および便通に及ぼす影響,ビ フィズス,6,143~150(1993)

 

乳果オリゴ糖に関しては、2〜6gの摂取で、有意な排便状況改善効果が認められています。

参考文献)乳果オリゴ糖含有クッキーが若年女性の排便 および腸内菌叢に及ぼす影響 森 川 尚 美,森 岡 保,塚 原 典 子,田中たえ子,佐藤和人,江澤 郁 子

 

はぐくみオリゴには、このように数々の研究から効果を裏打ちされた、多くのオリゴ糖が含まれています。

 

 

そんなはぐくみオリゴは、どのように飲むのが効果的なのでしょうか。

 

そもそも、オリゴ糖が便秘解消に効果的な理由は、腸内環境を整えるところにあります。

悪玉菌優位な状態から、善玉菌優位な状態にすることで、腸内環境を整え、便通をよくするのです。

 

では、なぜオリゴ糖をとると腸内環境が良くなるのでしょうか。

オリゴ糖は消化されにくいため、腸内細菌の生息する大腸まで、体に吸収されることなく届きます。

すると、腸内細菌はオリゴ糖をエサにします。

これにより、腸内細菌が活発に働けるようになるのです。

ちなみに、腸内細菌のエサとなるものを摂取することを、「プレバイオティクス」と呼びます。

 

また、ビフィズス菌などの善玉菌がオリゴ糖をエサとして利用すると、代謝産物として短鎖脂肪酸が生成します。

すると、大腸内のpHが酸性側に移ります。

善玉菌は酸性に耐性がありますが、悪玉菌は耐性がありません。

これによって、大腸内で善玉菌が優位になり、腸内環境が改善すると考えられています。

 

一方で、乳酸菌を摂取して、腸内環境を改善することをプロバイオティクスと言います。

ヨーグルトが腸内環境の改善に良いということは、どこかで聞いたことがあると思います。

ヨーグルトには、多くの乳酸菌が含まれているので、それによって腸内環境を整えることができます。

このような作用のあるヨーグルトを摂取することが、プロバイオティクスです。

 

ここまで紹介してきた、「プレバイオティクス」と「プロバイオティクス」を合わせたものを、「シンバイオティクス」と言います。

シンバイオティクスを行うことで、より強力に腸内環境を整えることができます。

 

つまり、オリゴ糖で腸内細菌のエサを取り込み、さらにヨーグルトなどで腸内細菌の活動を助けることで、より効果的に腸内環境が整い、便秘も改善しやすくなると考えられます。

 

ですから、オリゴ糖の摂取は、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品と摂るのが良いです。

ただし、乳製品に弱い人は、無理にヨーグルトから乳酸菌をとることはありません。

日本には、古来より乳酸菌を多く含む食品があります。

納豆やぬか漬けなどの発酵食品です。

これらの発酵食品に含まれる乳酸菌は、植物性乳酸菌と呼ばれ、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌とは違います。

 

昔から、日本人は乳製品をとってこなかった民族ですから、

乳酸菌の摂取は、ヨーグルトなどからよりも、むしろ納豆などの発酵食品からの方が適しているという意見もあります。

また、日本人の中には乳糖不耐症と言って、乳製品が体に合わない人も多いです。

牛乳を飲むとお腹を下してしまうという人は、体質に合っていない可能性がありますから、納豆などから乳酸菌を摂取すると良いでしょう。

 
スポンサーリンク



はぐくみオリゴは、いつ飲むのが良い?

はぐくみオリゴのHPによると、飲む時間帯は夜の10時が適しているそうです。

その根拠としては、この時間が最も善玉菌が活動する時間だからだそうです。

 

しかし、私が今まで調べてきた中では、腸内細菌が活動する時間について言及した研究はありませんでした。

こちらの会社で独自に研究されたデータなのかもしれません。

 

私としては、オリゴ糖を飲む時間はそこまでこだわらなくても良いのではないかと考えています。

それよりも、なるべく毎日継続することが大切です。

オリゴ糖によって、腸内環境が整いだしても、飲み忘れなどで飲むのを休んでしまうと、

善玉菌がうまく育たない可能性があります。

オリゴ糖の研究でも、必ず毎日飲むような実験になっていますので、まずは毎日飲むことを徹底した方が良いと思います。

 

そのためには、毎日飲む時間を一定にすると良いです。

時間がバラバラだと、つい飲み忘れをしやすいからです。

毎日決まった時間に飲むことで、習慣化され、飲まないと気持ち悪いと思うところまで行ったら、こっちのものです。

うまく習慣化して、オリゴ糖の効果を引きだしましょう。

 

はぐくみオリゴの購入はこちらから

妊婦や赤ちゃんも安心の話題のオリゴ糖

まとめ

はぐくみオリゴの効果的な飲み方について解説してきました。

はぐくみオリゴは、他のオリゴ糖製品よりも多くの種類のオリゴ糖を含んでおり、効果が期待できます。

飲むときには、ヨーグルトや納豆など乳酸菌を多く含む食材と一緒に食べることで、より効果的になることが期待できます。

まずは、毎日続けることを目標にしていきましょう。

便秘をよくして、体全体が健康になることを祈っています。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク