腸内美人の秘訣の管理人がオリゴ糖を飲んでみた。

スポンサーリンク

こんにちは!管理人の坂井です。

今回は腸内美人の秘訣の管理人である私が、オリゴ糖製品を使用した感想をお伝えしたいと思います。

オリゴ糖を飲むことで、排便回数や便性が改善したという報告が多数あります。

実際にいくつかご紹介します。

β1-4系ガラクトオリゴ糖5.0gあるいは10.0gを含有した飲料の飲用により、排便回数は対照飲用期に比べて有意に増加した(p<0.05)。排便日数はβ1-4系ガラクトオリゴ糖5.0gでは低排便回数者において(p<0.01),β1-4系ガラクトオリゴ糖10.0gでは全対象者において(p<0.05)有意な増加が認められた。

引用文献)出口ヨリ子,松本 圭介,伊藤 彰敏,綿貫 雅章:β1-4系ガラクトオリゴ糖の摂取が便秘傾向の健常人の便通及び便性改善に及ぼす影響,栄養学雑誌 Vol.55 No.1 13~22

健常ボランティア18人 に、大豆オリゴ糖を難消化性糖類であるスタキオースとラフィノース換算量で19 及び2gを2週 間ずつ摂取させて、排便回数、糞便中ビフィズス菌数及び糞便水分含量を調べた。その結果、オリゴ糖の摂取中、排便回数が週5回以下の便秘傾向者に排便回数とビフィズス菌の菌数に有意な増加を認めた。

引用文献)原 淑恵,池田 なぎさ,初見 健一,渡部 恂子,飯野 久和,光岡 知足:大豆オリゴ糖の低投与量による便性状改善効果,栄養学雑誌Vol.55 No.2 79~84

このような研究が報告されています。

ですが、オリゴ糖といえば、おおざっぱに言えば砂糖の仲間です。

いくら多くの研究結果があるとはいえ、本当に効果があるのか疑わしいものです。

そこで今回は、私自身の体を使ってオリゴ糖が本当に効果があるのか検証してみました。

これより以下に、私がオリゴ糖を使用した感想をお伝えしていきます。

 

オリゴ糖に効果はあるの?

私はもともとそれほど便秘をする方ではありませんが、それでも朝バタバタする日が続いてトイレに入る時間がない日が続いたりすると、気付いたら数日便通がないということがあります。

そんなときにオリゴ糖を飲んでみたら、効果があるのか?

便秘について多くの論文を読んできましたが、オリゴ糖の使用による便通の改善効果を認めるものは多いです。

 

そこで、自分の身をもって体験することにしてみました。

便通のなかった日にオリゴ糖をお湯で溶かし、飲んでみました。

味は、やさしい甘みの砂糖といったところでした。

当たり前ですが、飲んだ直後は変化を感じませんでした。

オリゴ糖は、腸まで届いて、腸内細菌のエサとなることで、腸内環境を整える作用があるとされていますので、腸に届くまでその効果を感じることはないでしょう。

 

オリゴ糖を飲んだのは夜だったのですが、効果を感じたのは翌朝でした。

便意をもよおし、トイレに行くとドッサリと出ました。

気持ちのいい快便でした。

用を足して便器の中を見てみると、しっかりしたものが出ていました。

心なしか、「お腹がぺったんこになったな」と思うほどでした。

 

その後もしばらくオリゴ糖は飲み続けました。

翌日以降は、初日ほどのドッサリ感はなかったですが、それでもスッキリと出ていました。

その他の変化として、ガスが匂わなくなったのが印象的でした。

いくらガスをしても、ほぼ無臭というくらい匂わないのです。

おそらく、オリゴ糖によって腸内環境が改善された結果、悪玉菌が発生させる、インドール、スカトールなどの悪臭成分が出てきにくくなったのでしょう。

オリゴ糖の研究では、便通の改善効果に的を絞ったものが多いですが、このようにガスの匂いを軽減させる効果も期待できます。

ちなみに、オリゴ糖製品の中には、ショ糖が混ぜてあるものもの多くあります。

しかし、これでは純粋なオリゴ糖ではありません。

できれば、オリゴ糖100%で作ってあるものを使用しましょう。

私が今回使用したオリゴ糖も純度100%のものでした。

混ぜ物のあるオリゴ糖と比べて値段は少々高めですが、いくら安くても効果がないものを摂り続けるよりは良いでしょう。

私の使ったオリゴ糖に興味がある方は、こちらのお問い合わせフォームからメッセージをください。

詳細をお伝えします。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク