酵素の効果 酵素ダイエットの嘘と本当

スポンサーリンク

酵素は、体の中にもともと存在しているものですが、食べ物から補うこともできます。

そんな酵素は、食べ物の消化や吸収を助け、新陳代謝を行うなど人の生命活動に欠かせないものです。

自然界にあるすべての酵素を合わせると、20,000種類以上の酵素が存在していると言われています。

このブログでもお伝えしてきたように、食べ物の栄養素を吸収するのは「腸」ですが、

食べ物を消化や分解して腸から吸収できる状態にしてくれるのはこの「酵素」の働きがあって初めて可能になるのです。

 

つまり、酵素が足りなかったり働きが不十分だと食べた物が上手く消化されず。それが未消化のまま体内に取り込まれてしまいます。

すると血液の質が悪く血行不良になり女性はだれもが気になるお肌の状態も悪くなってしまいます。

また血行が悪くなると肌だけに限らず、身体の細胞1つ1つの働きも悪くなるため代謝が落ち、太りやすい体に名てしまいます。ということはダイエットをしようと思ったら酵素の働きが欠かせないということです。

また、体型のことに限らず細胞の働きが悪くなると、様々な病気を引き起こす原因となりかねません。

 

 

今回は酵素にはどんな種類や働きがあって、それらをうまく働かせるためにはどのようにすればよいか、酵素ダイエットのコツについてお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク



酵素には3つの種類がある 酵素は細胞を動かすための道具

酵素はすべての細胞に存在しています。

しかし、器官や部位別に種類が1つ1つ異なります。

上記した通り20,000種類以上の酵素が存在しているのですが、なぜこれほど多くの酵素が存在しているのでしょうか。

それは、1つの酵素につき1つの仕事しかできないからです。

 

酵素は消化酵素、代謝酵素、食物酵素の3種類がありますが、いずれもタンパク質でできています。

タンパク質はお肉や大豆などに豊富に含まれますが、これらが足りなくなると酵素が体内で不足してしまいます。

また過剰な糖質制限をした場合でもタンパク質がエネルギーとして使用されるため酵素が不足することになります。

 

では以下に酵素についてご紹介していきます。

消化酵素(体内酵素)

「消化酵素」という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

食べた物を体が吸収しやすい状態に消化するのに働く酵素です。

代表的なものを挙げると

  • アミラーゼ:デンプンを分解する → 唾液や膵液に含まれる
  • プロテアーゼ:タンパク質を分解する → 膵液に含まれる
  • リパーゼ:脂肪を分解する → 膵液に含まれる

消化酵素のはたきにより食べた物は消化され小腸から吸収されていきます。

重要なのは 消化酵素 + 腸の状態 = 栄養の吸収 となります。

つまり消化酵素を出すための器官である膵臓、胃などの状態と吸収するの状態両方が大切ということです。

 

代謝酵素(体内酵素)

消化酵素の働き、腸の機能によって栄養が吸収された後、それを体の中で働かせるのが代謝酵素です。

人のあらゆる活動に代謝酵素が関わっています。

 

  • 新陳代謝:吸収された栄養素をそれぞれの細胞に届けて、古くなった細胞を刷新しています。
  • 排泄(デトックス):体の中の毒素を尿や便、汗などに排出し有害ぶっしっつを除去します。
  • 自然治癒力:体の悪くなった部分を修復し病気を治します。
  • 免疫力:ウイルスや細菌などの外敵から身体を守ります。また免疫が正常に働くことでアレルギーも防ぎます。

 

食物繊維(食物由来)

食べ物に含まれるのが食物酵素で、これを摂取することで体内の酵素を補うことができます。

食物酵素が含まれるのは

  • 新鮮な生野菜や果物・刺身などの生もの
  • 納豆や味噌などの発酵食品

特に熟した果物は、果物自身の消化酵素で熟成しています。

ですので熟した果物を食べると、人は食物酵素を補うことができるばかりか消化酵素を無駄に使うこともありません。

熟した果物は一石二鳥の食材と言えます。

 
スポンサーリンク



消化酵素の無駄遣いをやめ、食物酵素でサポート

アメリカの学者であるエドワード・ハウエルは1985年に「酵素栄養学」という30年以上たつ現在でも読み継がれる著書を残していますが、その中で、消化酵素を使いすぎると代謝酵素が不足すると述べています。

 

消化・代謝酵素のような体内酵素は、その量が決まっていて消化の仕事量が増えれば代謝酵素は減少、病気にかかるなどして免疫力をあげるために代謝酵素の仕事量が増えれば消化酵素は減少します。

つまり食べ過ぎたり。消化の悪いものばかり食べていると消化酵素が大量に消費されてしまい、代謝酵素が不十分になり体調が崩れます。

風邪などの時は一般的に食欲がなくなりますが、それは代謝酵素の働きを優先するためです。

屋亜聖の動物は怪我をしたときに食事を摂らなくなるそうですが、これも代謝酵素を優先的に働かせるためと考えられます。

 

この話から分かるように健康な身体を維持するためには消化酵素を節約することが大切です。

それでも体内酵素が不足したときに助けてくれるのが食物酵素です。

食物酵素をしっかりとることで食べ過ぎなどで不足した分の酵素を補うことができるのです。

と言っても、いくら食物酵素を摂っていても補える量には限度があります。

食べ過ぎていれば消化酵素が使われすぎますし、食品添加物や農薬などの「毒」を体にいtれている状態では代謝酵素ばかり使ってしまいます。

まずは体内酵素の無駄遣いを控え、食物酵素で補うことが必要です。

 

ダイエットのために酵素ドリンクやサプリメントをとることに意味はあるのか

酵素のサプリメントなども最近はありますが、お伝えしたように酵素の種類は数万種類もありそれらをすべtえサプリメントで補うことは不可能です。

また酵素ドリンクといったものがあり、最近はダイエットに効果的といって宣伝されています。

注意しておかないといけないのは、清涼飲料水は製造過程で85℃以上の加熱殺菌が義務づけられています。

しかし、酵素は熱に弱いため60℃以上になると活性を失い、80℃になると完全に活性が失われとされています。

つまり酵素ドリンクに酵素は入っていないのです。

 

ですが、本当に考え抜かれて作られた酵素ドリンクもあります。

本来の酵素ドリンクは

  1. 酵素が入っているわけではなく
  2. 栄養を吸収しやすい状態にしてあり消化酵素をあまり使わず
  3. 代謝酵素がしっかり働いて機能させるのに必要なビタミンやミネラルを含んでいる

もののことを言います。

 

こういった本物の酵素ドリンクを飲めば、体内から毒が排泄され細胞の働きが良くなり、血流も改善するので身体の代謝が改善しダイエットの効果や冷え性の改善など、健康的な体に近づくことができます。

ただし酵素ドリンクを摂っているだけでは、その効果はなくなってしまいます。

 

酵素ダイエットをしたければここに注意

  • 酵素の無駄遣いをなくす:食事量を極端に減らすのでなく腹7分目をよく噛んで食べる
  • 酵素の体内での生産量を増やす:生ものや発酵食品などの食物酵素をとる。酵素の生成に欠かせないミネラルを摂る
  • 酵素を機能させる:酵素の働きに重要で欠乏しやすいマグネシウムやビタミンB群を摂る 亜鉛はαリノレン酸をEPAやDHAに変換するため重要

といったことを意識する必要があります。

有効な酵素ドリンクも確かにありますが、それだけとっていても意味はないですし、反対に酵素ドリンクなしでも上記のような食生活を意識すれば自然とダイエット効果が生まれ、痩せていきます。

 

まとめ

人の体に作用する酵素の働きを研究した第一人者はエドワード・ハウエル博士というアメリカの学者で「酵素栄養学」という本が1985年に出版されましたが、30年以上経つ現在でもこの本の影響が強く残っています。

30年というと昔のようでも、まだまだ研究は始まったばかりです。

まだまだ酵素のことについては分からないことも多いのでしょうが、いづれにしてもバランスよい食事が大切であることには変わりありません。

バランスのとれた食事で健康的にダイエットをしましょう。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク