お腹が痛い!下痢の原因と症状

スポンサーリンク

下痢とは便中の水分量が多くなり、水溶もしくは、かゆ状になった状態を指し、その多くは排便回数の増加を伴うことを言います。

日常でストレスになるのは、便秘よりもむしろ下痢の方かもしれません。

下痢で最もストレスになるのは排便をコントロールできないというところにあります。

車の運転中、電車の中、大事な会議中などどうしてもトイレにいけない状況で、下痢になった時にはどうしようもない苦しみを耐えなければなりません。

額に油和えを浮かべ耐えるのは、まさに断末魔の苦しみともいえるでしょう。

 

そこで今回は下痢についてより詳しく知っていくために、下痢やお腹の痛みが起こる原因について解説していきます。

 

スポンサーリンク



お腹の痛みと下痢の原因 その1.下痢の定義

下痢と言えば急なお腹の痛みや頻回にトイレに行きたくなることをイメージされるかもしれません。

しかしお腹の痛みや排便回数が増加することは、下痢の定義に含まれません。

 

下痢の定義は、腸管からの腸液の分泌が過剰になることや、水分の吸収に滞りが生じたり、ぜん動運動が異常に強くなることで、便中の水分量が増加し水様便や粥状便となることを言います。

健康な便は70%から80%が水分ですが、これが80%以上になると泥状便、90%以上で水様便となります。

もしくは、便中の水分量が1日で200ml以上になることでも、下痢と呼びます。

 

お腹の痛みと下痢の原因 その2.下痢の分類

下痢は急性下痢と慢性下痢の2つに分類されます。

急性下痢ではさらに感染性下痢と非感染性下痢に分類できます。

感染性下痢は

  • 細菌性として、サルモネラ、コレラ、細菌性赤痢など
  • ウイルス性として、ロタウイルス、ノロウイルスなど
  • 原虫性として、アメーバ赤痢、回虫

などがあります。

 

非感染性の下痢は、

  • ストレスに代表される神経性の下痢
  • 食べ過ぎ、冷えなどの腹部への物理的刺激による下痢
  • 食品などのアレルギー反応による下痢
  • 乳製品にふくまれる乳糖によって引き起こされる乳糖不耐症による下痢
  • 浸透圧性の下痢

などがあります。

 

慢性下痢は3週から4週間以上続くものをいいます。

  • 過敏性腸症候群
  • 潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患
  • 胃切除症候群などによる吸収障害
  • 消化管ホルモン異常
  • 全身性疾患

などがります。

 

お腹の痛みと下痢の原因 その3.下痢の病態生理

下痢の種類は病態生理によっても4つに分類されます。

浸透圧性下痢

乳糖、ラクツロース、マグネシウムなど腸管内の浸透圧を亢進させる物質によって、腸管内に大量の水分を引き込むことで、腸内に水分が多くなり下痢になります。

塩類下剤はこの働きを利用した下剤です。

 

分泌性下痢

細菌感染、毒素、プロスタグランジン、胆汁酸、消化管ホルモンなどによって、腸液の分泌が増加することで腸管内の水分が増え下痢となるものをいいます。

 

吸収不良性下痢

潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患、虚血性腸炎などによって腸粘液に障害が起こることで、水分の吸収がうまく行うことができなくなり下痢になるものをいいます。

 

運動亢進性下痢

過敏性腸炎、細菌性腸炎、炎症性腸疾患、内分泌疾患などによって腸が刺激に過敏になることで、腸が異常に運動をおこし、腸内容物が十分に腸内に留まらないためにおこる下痢をいいます。

 

お腹の痛みと下痢の原因 その4.下痢を起こす疾患

下痢を起こす疾患の多くは腸が原因となっています。胃、肝臓、膵臓、胆のうなど腸以外の消化管の疾患でも引き起こされることもあります。

その他に、全身感染症、内分泌障害、中枢神経障害、中毒、アレルギー、循環障害、血液疾患などでも下痢を起こすことがあります。

 

まとめ

「お腹が痛い!下痢の原因と症状」と題して下痢の定義、分類、原因などについてお伝えしてきました。

お腹の痛みや下痢は体の反応として、必要なものとして出てきていることもあります。

細菌に感染したときには、下痢をするなどして体外に細菌を出そうとしているのです。

ですから安易に下痢止めを飲むのではなく、病院にかかったうえで、水分補給をしながら、下痢を出すことも大切です。

参考文献:ナーシングケアQ&A 徹底ガイド排便ケアQ&A

スポンサーリンク

関連コンテンツ