音楽療法で脳をリラックスさせて便秘改善!

スポンサーリンク

最近、音楽の心身に対する効果がクローズアップされるようになってきました。

聞きなれないかもしれませんが、「音楽療法」という名前まで付けられているほど一つの治療として発展してきています。

実はこの「音楽療法」は便秘改善にも効果的と言われています。

今回は音楽療法とはどんなものか、音楽療法によって便秘を改善する方法をお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク



音楽療法とは 音楽は心も体も変化させる

楽しい気分の時に効く音楽、落ち込んだ時に励ましてくれる音楽、気持ちよくドライブするときの音楽。

音楽はその時々の気分に合ったものを選ぶことができます。楽しい気分であればよりいっそう楽しく、ツライ問いには励ましてくれたりなど、私たちの心には欠かせないものになっています。

 

実はこの音楽が心だけでなく身体にも作用するということが最近の研究で明らかになってきました。

研究で明らかになってきたとはいえ、心と身体は相互に関連し合っているということを考えれば心の状態が身体にも影響を及ぼすということは当然かもしれませんね。

 

ではその音楽療法の研究についてご紹介していきます。

2005年アメリカのエール大学の麻酔科ジープ・ケイン教授らの研究では手術中の患者に好きな音楽を聞かせた時とそうでない時と比べ、音楽を聞かせた時の方が鎮痛薬の投与量を少なくすることができたそうです。

つまり、音楽によって心がリラックスさせることができた結果、痛みを感じる量も少なくなったということを示唆するということです。

音楽療法 便秘 手術 痛み緩和

このように音楽療法は手術室をはじめ人工透析を行う部屋や内視鏡室、歯科医院でも利用され緊張を和らげるために一役買っています。また予防医学の分野ではリラックスや感情のコントロールに有効と言われています。

さらに、2000年10月発行の日本医師会の医学誌では音楽療法が特集され、音楽療法を補助的治療法として有効としています。

つまり、音楽療法が治療の助けになると言っているわけです。

高血圧、気管支ぜんそく、慢性胃炎、消化性潰瘍、過敏性腸症候群、狭心症、片頭痛、緊張型頭痛、うつ状態、不眠症、痛み、不眠、ストレス関連性障害、不定愁訴などに効果的とされています。

 

ではこのような音楽療法で便秘を改善するにはどのように行えばよいのでしょうか?

 
スポンサーリンク



音楽療法で便秘を改善する。スローテンポの曲で副交感神経を活性化

現代人は時間に追われ、仕事などでも緊張状態を強いられることが多く、交感神経と副交感神経の2つの自律神経のうち交感神経が活発になりやすい状態が続きます。

しかし便秘を改善するためには自律神経のうち副交感神経を活性化する必要があります。

副交感神経は腸の動きを司りますので、これを活性化することで便秘で働きが悪くなった腸を動かして改善させることができます。

 

ここで音楽療法の登場です。

副交感神経はリラックスしたときによく働く神経ですが、音楽の力でこの副交感神経の働きを優位にするのです。

その副交感神経を活性化する音楽はスローテンポの音楽です。

音楽療法 脳リラックス ヒーリング

実際にスローテンポの音楽を聴くと人は副交感神経が優位になり心拍数が落ち着いていくという実験もあります。

このスローテンポの音楽を聴くことによって生まれる作用は、脳の視床下部や下垂体などから分泌させるカテコールアミンという神経をたかぶらせる働きのホルモン量が減少することによって生じます。

こうして副交感神経が優位になり便秘改善につながるのです。

 

スローテンポとはどのくらいのリズムかというと、人が心地よいと感じる100拍/分よりもややゆっくりの60拍/分くらいのテンポを指します。

いわゆるリラクゼーションやヒーリング系の音楽はこのくらいのテンポの物が多いですのでCDを購入やレンタルしてみてお気に入りの一枚を選んでみて下さい。

いくつかご紹介しておきます。

 

自律神経にやさしい音楽 (個人的にオススメです)

ヒーリング・シー

お気に入りの一枚を見つけたらトイレに入った時にその音楽を聞いてみて下さい。

落ち着いた気持ちで呼吸もゆっくりにしていくとより効果的です。

無理にいきまず、音楽を聴きながらリラックスした気持ちでいる方が便意をもよおしてきやすいです。

いつもトイレでいきむことしか考えていない方は騙されたと思って一度試してみて下さい。案外便秘に効果的ですよ。

 

まとめ

「音楽療法で脳をリラックスさせて便秘改善!」と題してお伝えしてきました。

便秘が苦しいからといって「出さないと出さないと」と思っていると余計に気ばかりが焦ってしまい力ずくでひねり出すという荒技になてしまいがちです。

そのようないきみを主体とした排便は痔の危険性やより恐いところでは血圧の急激な上昇により脳卒中をおこしかねません。

音楽療法と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんがお気に入りのヒーリングミュージックを聞きながらトイレでにゆっくりとした気持ちで腰かけるだけと思っていただければ気楽にできるのではないでしょうか。

ぜひ実践して便秘解消につなげて下さい。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク