トライツ靭帯の位置を図で解説!どんな働きがある?

スポンサーリンク

トライツ靭帯【とらいつじんたい】をご存知でしょうか。

靭帯と名前はついていますが、一般的な靭帯とは異なります。

本来、靭帯とは、骨と骨を結ぶ組織のことを言いますが、トライツ靭帯は骨にはついておらず、内臓においてその役目は果たされています。

 

ではトライツ靭帯は、内臓のどこについているかと言うと「小腸」です。

そして、トライツ靭帯は小腸が四方八方にズレないよう、その位置を固定させる機能を持っています。

 

小腸は6~8mほどもある、とても長い臓器です。

それがお腹の中につまっています。

もし、小腸がお腹の中で固定されることなく、ぶらぶらの状態で存在していたら、少し体をひねったり、運動をするだけですぐに絡まってしまうことでしょう。

 

そうならないようにお腹のなかでは、トライツ靭帯のような組織があります。

 

そこで、今回はトライツ靭帯がどこに位置しているのか解剖図でわかりやすくお伝えし、その働きについても解説していきます。

 
スポンサーリンク



トライツ靭帯の位置を図でチェック!

まずはトライツ靭帯の位置を解剖図で確認してみましょう。

トライツ靭帯 位置 図

上図で、赤色で示してるところにトライツ靭帯はあります。

 

小腸は十二指腸、空腸、回腸の3つに分けられます。

黄色く示しているところが、十二指腸です。

トライツ靭帯 十二指腸 位置 図

 

黄色く示しているところが、空腸です。

トライツ靭帯 空腸 位置 図

 

黄色く示しているところが、回腸です。

トライツ靭帯 回腸 位置 図

 

その中でも、トライツ靭帯は十二指腸と空腸の境目に位置しています。

 

そして、トライツ靭帯のもう一方は、後腹壁【こうふくへき】にくっついています。

後腹壁とは、おなかの中の空間の、背中側のことを言います。

「おなかの中の奥」という方が、わかりやすいでしょうか。

 

トライツ靭帯はここに、がっちりと固定されており、小腸を支えることができています。

 
スポンサーリンク



トライツ靭帯の別名、十二指腸提筋【じゅうにしちょうていきん】

トライツ靭帯は別名、十二指腸提筋【じゅうにしちょうていきん】もしくは、十二指腸提靭帯【じゅうにしちょうていじんたい】とも呼ばれます。

実はトライツ靭帯は、その組織内に平滑筋【へいかつきん】という筋肉を含んでいます。

そのために「靭帯」だけなく、「筋」という文字も使われているのです。

 

ところで、この平滑筋は、主に内臓の筋肉として存在しています。

内臓に筋肉なんてあるの?と疑問思われるかもしれませんが、内臓に筋肉はあります。

 

有名なところで言えば、心筋【しんきん】とは心臓の筋肉のことで、心臓はこの心筋が働くことでドクドク脈打つことができます。

その他の内臓では、腸もその内容物を運搬するために蠕動運動【ぜんどううんどう】という動きをしており、この時には平滑筋が働きます。

 

トライツ靭帯とイレウス管

イレウス管とは、腸閉塞などによって腸の内容物が流れていかなくなった場合に、使われる道具です。

イレウス管は、鼻から入れるものと、肛門から入れるものがあります。

鼻から入れた時には、下図のような状態となります。

トライツ靭帯 イレウス管 位置 図

管を体の中に入れることにより、流れなくなった内容物を排泄させます。

 

その時重要なのが、イレウス管をどこまで入れるかということです。

鼻から入れる場合、トライツ靭帯より奥に管を入れないと、小腸の内容物を排出することができません。

そのため、イレウス管を使う時には、トライツ靭帯の位置を確認しておくことが重要なのです。

 

まとめ

トライツ靭帯の位置や、臨床上の意味合いについて解説してきました。

トライツ靭帯について、詳しくなっていただけたのではないでしょうか。

内臓には、常に重力によって下方向への力が働いていたり、体の運動によって外力が加わったりしています。

特に、小腸は可動範囲が大きく、お腹の中での形は人によって、大きく違います。

そのため、腸がねじれるなどして、腸閉塞などの病気もおこりやすい部位です。

そんな時に、トライツ靭帯や腹膜によって、その位置がズレすぎないようになっています。

このように、さまざまな組織の働きによって、人の体は活動できるのです。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク