便秘で腹痛なのに出ないのはなぜ?今すぐ便を出す方法

スポンサーリンク

便秘で腹痛。にもかかわらず便が出ないというのは苦しいですよね。

便秘とひとくちに言ってもその種類はさまざまです。

当然、便秘のタイプごとにその治療法や対処法も変わってきます。

具体的には弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘などいわゆる習慣性便秘と呼ばれる便秘だけでも、3種類に分けられそれぞれ対応の仕方が異なります。

便秘を根本から治していくためには、じっくりとどのタイプの便秘か検査等で見極めなければなりません。

ですが、まずは今の腹痛や便を何とかしたいと思う方がほとんどでしょう。

 

そこで今回は便秘で腹痛があるのに出なくて困っている方へ、今すぐ便を出す方法についてお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク


便秘で腹痛なのに出ない 胃結腸反射を利用しよう!

便秘の方にまずアドバイスするのが、朝コップ1杯の水を飲むことです。

朝は腸のゴールデンタイムと呼ばれ、1日の中で最も腸が活発に働く時間帯です。

便秘 腹痛 出ない 今すぐ 便 出す方法

朝は胃の中が空っぽの状態ですから、そこに水を入れることで胃が重くなり、胃の下にある腸に刺激が加わります。

胃と腸は名前こそ違いますが、消化管として繋がっているので、胃が冷たい水で刺激されれば、それが腸にも伝わります。

これを「胃・結腸反射」といいます。

水はキンキンに冷やしたものでは体がビックリするのでよくないですが、少し冷たいくらいの方が刺激となるので良いです。

 

ただし腸が過剰に働くことで便秘になっている場合もあります。

そういった方は水で刺激すると、かえって逆効果になることもありますので注意が必要です。

冷たい水で効果が得られない方や腹痛になってしまう方は、ぬるめのお湯を飲むようにしてください。

 
スポンサーリンク


便秘で腹痛なのに出ない トイレでの姿勢

便秘で腹痛があるのにでない時には、トイレでの姿勢を考えるのも大切です。

トイレで踏ん張るときには前かがみの姿勢。と言うのは経験的にご存知の方が多いと思います。

実際、前かがみになることで直腸と肛門がなす角(肛門直腸角)が一直線に近くなるので、便がスムーズに出やすくなります。

このような姿勢です。

便秘 腹痛 出ない 前傾姿勢

この姿勢をとっている時には、腸は下図のようになっています。

便秘腹痛出ない 今すぐ出す方法

前かがみの姿勢になると、恥骨直腸筋が緩むことで直腸と肛門が一直線に近づくのでスムーズに便が出るようになります。

腹痛で便が出ない時には強くいきむのも辛いので、姿勢を変えるだけでも便がスムーズに出やすくなり不要な痛みを引き起こさずに済みます。

 

また骨盤は後傾させるとより肛門直腸角が一直線に近くなるので、小柄な方は便器の前に足台を用意してそこに足をのせていきむとより効果的です。

 

ただしいきむのは便が出かかった最後の時に一瞬だけです。

あまり強くいきむと痔の原因になります。

また高齢者であれば血圧が上がって脳卒中になる危険性も高くなります。

事実トイレで脳卒中を発症する方は意外と多いのです。

 

いきんで腹圧をかけやすくするためには、骨盤底筋の働きも重要です。

骨盤底筋はお腹に力を入れて高めた腹圧を底受けする役割を持ちます。

つまり、骨盤底筋がしっかり働いていないと腹圧がうまくかからないのです。

 

骨盤底筋のトレーニングは1,2回やったからといってすぐに効果が出るものではないので、日ごろから鍛えておく必要があります。

骨盤底筋のトレーニングについてはコチラをご参照ください。

参照)腹圧を高める骨盤底筋トレーニング

 

便秘で腹痛なのに出ない 呼吸法

いきむときに大切なのは姿勢だけではありません。

呼吸法も大切です。

便秘 腹痛 出ない 

いきむときは多くの方が、息を止めて「うっ」と力を入れることが多いです。

 

しかし、便秘で腹痛なのに出ない時にこれをすると逆効果です。

息を止めることで交感神経が優位になってしまうからです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経という2系統がありますが、腸の働きを活発にさせるのは副交感神経です。

副交感神経を活発にさせるためには、ゆったりと深呼吸することが大切です。

深呼吸のポイントは吸うときよりも吐く時の方を長くすることです。

具体的には5秒吸ったら10秒吐くようにうすると副交感神経が優位になりやすいです。

 

また大きく深呼吸をすることで、横隔膜が上下に動きます。

横隔膜には人体最大の臓器である肝臓がくっついています。

 

呼吸に合わせて横隔膜と共に肝臓が上下に動くと、腸は圧迫を受けたり解放されたりを繰り返します。

この刺激で腸は活発に働きやすくなり、排便しやすくなります。

 

便秘で腹痛があるのに出なくて苦しい時には、トイレでも息が浅く早くなっているものです。

気持ちを落ち着けてゆっくりと深呼吸をすると、あれだけ出なかった便もするっと出てきます。

トイレで深呼吸というと変な感じがするかもしれませんが、自律神経を整え、腸に刺激を加えるためにとても重要ですので、じぜひ実践してみて下さい。

 

まとめ

便秘でお腹は痛い、だけど出ない。そんな時にできる対策についてお伝えしてきました。

便秘や腹痛があると気になって何も手がつかないという方も多いです。

そんな時は今回の内容を参考にしてみて下さい。

ただし今回ご紹介した方法は、一時的なその場しのぎでしかありません。

根本的に便秘を解消するには、食生活や生活習慣の見直しが必要です。

まずはスッキリ出して、腹痛が治まったら根本的な便秘解消に向けて生活を改めてみて下さい。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク