便秘改善法としての自律神経の整え方

スポンサーリンク

自律神経【じりつしんけい】という言葉は聞いたことがあるでしょうか。

交感神経と副交感神経を合わせて自律神経と呼びます。

交感神経や副交感神経という言葉なら聞いたことがあるという人も多いかもしれません。

しかし、これらの神経がどのような働きをするのか、詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。

実は、腸は自律神経によってコントロールされいます。

ですから、便秘などの腸の不調に悩みには自律神経がその原因に潜んでいることもあります。

 

そこで今回は、便秘を解消するためにはどのようにして自律神経を調整すれば良いのか、そのコツをお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク


そもそも神経ってなに?

自律神経は「自律」という字が使われているだけあって、私たちが頭で意識することがなくても働いてくれている神経です。

この神経があるおかげで、眠っている時も呼吸は止まりませんし、食べ物を食べて「あっ、胃酸出さなきゃ!」なんて考える必要もありません。

すべて自動でまさに「自律」して働いてくれているのです。

ちなみに、体の中にある神経は自律神経だけではありません。

神経を大きく分けると「中枢神経」「末梢神経」の2つに分けられます。

「中枢神経」は脳や脊髄神経など体のまさしく「中枢」にある神経で、「末梢神経」はそこから枝分かれして伸びている神経です。

そして、自律神経は末梢神経に属しています。

末梢神経には自律神経以外に、熱い、冷たい、見る、聞くなど主に感覚に関わる知覚神経と、手足をはじめとして体全体を動かす指令を送る運動神経があります。

 

では自律神経について詳しくお伝えしていきましょう。

自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられます。

そしてこれらが血管や内臓など体のすみずみまで伸び、各部位の活動をコントロールしています。

自律神経が交感神経と副交感神経に分けられるということは上記した通りです。

では具体的に、交感神経と副交感神経にそれぞれどのような働きがあるのかご説明します。

交感神経は車の機能に例えるならアクセルです。

体を活発に働かせる神経で、何かに集中していたり、運動をしているときなど活動時に優位になる神経です。

一方で副交感神経を車の機能に例えるならブレーキです。

家でくつろいでいるときや寝ているときなど、リラックスしている優位になる神経です。

車にアクセルとブレーキが必ず必要なように、人の体にも交感神経と副交感神経の両方が必要なのです。

どちらが良い悪いではなく、両方のバランスが整っていることが良い状態なのです。

 

ところが、自律神経のバランスがひとたび崩れてしまうと、さまざまな症状が出現します。

自律神経は身体各所に影響しているだけあって、その影響も大きいです。

影響が出る場所が腸であれば、便秘や下痢などの症状が出現します。

 
スポンサーリンク


自律神経と便秘の関係

自律神経のバランスのとり方には特徴があります。

通常、副交感神経が活動量を調整することで、交感神経との微妙なバランスを保っているのです。

ところが、副交感神経の舵とりが上手くいかない人もいます。

腸の活動を活発にするのは副交感神経なのです。

ですから、副交感神経の働きが鈍くなると、当然便秘になりやすいです。

腸が動きにくくなるのですから、腸内にある便も移動しづらくなり便秘になってしまうというわけですね。

では、副交感神経の働きが強くなればなるほど便秘解消にtながるかというと、そうでもありません。

副交感神経が過剰に働くと、今度は腸が過剰に収縮するようになり、かえって腸内の便が動きづらくなってしまうのです。

 

つまり大切なのは、交感神経と副交感神経のバランスです。

2つの神経がバランスをとって働くことで、腸に適度な動きが起こりスムーズな排便につながるのです。

 

ちなみに、自律神経は血管の働きもコントロールしています。

交感神経は血管を収縮させ、副交感神経は血管を緩ゆるませます。

ですので、これらのバランスが崩れると血管の働きのリズムが乱れ、血液の循環不全がおきます。

血液は栄養を運び老廃物を取り除いてくれるので、血液の循環不全が起こると身体全体に栄養が巡りにくい、また老廃物もたまりやすい悪い状態になってしまいます。

当然、腸も血液が循環していますから、自律神経が乱れると腸自体の動きも乱れ、血液循環も乱れ、ダブルパンチで機能が低下しやすくなるのです。

では、乱れた自律神経を正すためにはどうしたらよいのでしょうか。

ここからはその対策についてお伝えしていきます。

 

便秘改善のために自律神経調整法

自律神経の調整法には、さまざまな方法があります。

ひとりひとり合った方法があるので、これが絶対に正しいというのはなかなか言えないところがあるのです。

ですが、私の経験から言えばしっかりと眠ること、十分な睡眠を確保することが、多くの方に効果的であると感じます。

自律神経は副交感神経が上下することでバランスをとっていることは前述の通りですが、眠るときに活発に働くのも副交感神経なのです。

つまり、質の良い睡眠をとることができれば副交感神経の働きが良くなり、結果として自律神経のバランスがとりやすくなるということです。

ただし、いつまででも寝ているのがよいわけではありません。

なるべく早寝、早起きをして朝は朝日を浴びて、昼はしっかり活動する生活を送ることが大切です。

生活にリズムをつけることで、自律神経の働きもリズムを取り戻し活動が安定してきやすいのです。

 

理想の眠りとは?

あなたは夜、何時ごろベッドに入っているでしょうか。

そして朝、目覚めてからベッドを出るのは何時ごろでしょうか。

就寝時間と起床時間が日によって違うとか、休みの日は寝るのや起きるのが遅いという方は睡眠の質が落ちている可能性があります。

人の身体は起床後、朝日を浴びると身体の活動モードのスイッチが「オン」になります。

そして、起床してから15時間後にメラトニンというホルモンが分泌し眠くなるようにできています。

つまり、日々リズムを刻んでいるのです。

このリズムが乱されると、睡眠の質はガクッと落ちてしまいます。

 

そうは言っても仕事で残業の時もあるし、いつもいつも同じリズムで寝起きすることなんてできない!なんて思ったあなた。

そんなあなたはこんな方法はいかがでしょうか。

 

自律神経を整えるための睡眠方法

睡眠のリズムをつけにくい方は、1週間に1回「睡眠の日」をつくると良いです。

いつも同じリズムで寝起きすることなんてできないという方は、「睡眠の日」を作って体が休まる時間を作ってあげるのです。

「睡眠の日」を過ごすポイントは寝る時間を早くすることです。

翌日の朝起きる時間はいつもと同じで、寝る時間を早くして睡眠時間を確保します。

起きる時間が遅くなってしまうと朝からバタバタしてあわただしく、その日は朝から自律神経が乱れてしまいます。

早く寝ることで睡眠時間が長くなり、副交感神経の働きがしっかり高まります。

1週間に週に1回は体のことを気遣い「睡眠の日」を作ってみて下さい。

その日は残業も早めに切り上げ、寄り道せずに帰宅。

夕食、お風呂もささっと済ませ、テレビをだらだら見ることもせず、リラックスして10時には就寝。

このように全ての行動を「眠り」のために使うのです。

グッスリ、身体が休まる睡眠がが週に1回でもあると自律神経の状態は良くなりやすく、便秘改善にもきっと役立つハズです。

 

まとめ

便秘改善法としての自律神経の整え方と題してお伝えしてきました。

便秘は腸の問題のように感じますが、その腸と自律神経は密接にかかわっています。

そして、自律神経の働きを左右するのは睡眠の質です。

よい眠りができれば自律神経は整いやすく、腸の働きも良くなりやすいです。

便秘改善に向け今日からリズムをつけてしっかり眠り、自律神経のことも考えてあげてみて下さい。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク