下剤が効かない便秘とは その原因と対策

スポンサーリンク

下剤を常用されている患者さんの中に、「下剤の効きがだんだん悪くなっているんです」

「通常の量では出ないんで、自分で量を増やして調整しています」

とおっしゃられる方がいます。

実は、下剤は使い続けると、だんだん効きにくくなるものがあります。

 

そこで今回は下剤が効きにくくなる原因と、下剤に依存しない体を作るための対策についてお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク


こんな下剤が原因!下剤が効かない体はこうして作られる

まず知っておいていただきたいのは、ただの下剤であっても、立派な薬です。

薬は用法、容量を守らず服用すると、思わぬ副作用が出てくることがあります。

 

また、下剤を繰り返し使うことも望ましくありません。

 

なぜかと言うと、下剤を続けて使っていると、体が下剤に依存するようになり腸の働きが鈍くなるからです。

 

すると、下剤なしでは排便できない体になっていしまいます。、

徐々に下剤の刺激にも慣れてくるため、下剤の効きめが悪くなり、使用量、回数ともに増えていってしまうのです。

 

特に「アントラキノン系下剤」という大腸を刺激するタイプの下剤は、長期間、服用し続けると「大腸メラノーシス」という斑点やシミのようなものが大腸にできてしまいます。

 

この大腸メラノーシスは別名「大腸黒皮症」とも呼ばれ、これができてしまった大腸の部位は動きが悪くなってしまいます。

 

大腸メラノーシスによって動きが悪くなった大腸は便をうまく送り出すことができず、より便秘を悪化させることになってしまいます。

 

この便秘の大敵である大腸メラノーシスの原因となる下剤はセンナやアロエ、漢方薬では大黄(だいおう)ビサコジル、ピコスルファートナトリウムなどです。

 

センナやアロエは市販薬でも多く使われていますし、大黄も漢方薬だから安心なんて思っていたら思わぬ副作用があるので注意してください。

 

このようにして下剤のことをよく知らずに市販薬だし大丈夫だろうと思って飲み続けることが原因となりだんだんと下剤が効かない腸になってしまいます。

 

ひとたび下剤が効かない腸になってしまうとそこから元に戻すのは大変ですので今現在、下剤の服用をしていない人は引き続き飲まなくても良いような努力を続けて下さい。

 

すでに下剤を飲み続けていたり、あるいはもう下剤が手放せなくなっている方は少しずつでも下剤を少なくする努力をして下剤が効かない腸とオサラバしてください。

 

さらに下剤の乱用は体が依存してしまうだけでなく別の問題も引き起こします。

それは良い便を作るのに欠かせない腸内細菌まで押し出してしまうのです。

 
スポンサーリンク


下剤で善玉菌も流れていく

腸内には600~1000兆匹ともいわれる腸内細菌が生息しています。

 

その腸内細菌はよい便を作るために日夜働いてくれています。

腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つの種類の菌がいますが、よい便を作るために特に大切なのが善玉菌です。

 

下剤で無理に便を押し出すと、これらの菌も便と一緒に出ていってしまいます。

 

せっかくせっせと働いてくれいた善玉菌が出ていってしまうと余計によい便ができにくくなり便秘がちに。

 

そして便秘で出しにくいのでまた下剤を使う。

 

という悪循環に陥ってしまいます。

 

できればこんな事態は避けたいところです。

 

 

そこでここからは「下剤が効かない腸」にならなず「善玉菌がしっかり働ける腸」になるための対策についてお伝えしていきます。

下剤が効かない腸にならないために 今日からできる対策

下剤は動きの鈍い腸を働かせたり薬の力で便を柔らかくしたりするものなので、それに頼っていては体や腸の力が落ちるのは当然のことです。

 

どうしても出にくい時に適量使うことが必要な場合もありますが下剤では便秘の根本的な解決にはならないということを知っておいて下さい。

 

便秘にはまず水分摂取を十分に行うことと食物繊維をしっかり食べることが大切です。

 

水分摂取については便秘を改善する水分摂取。こんな方法があります。をご覧ください。

 

食物繊維の摂りかたについては 「警告!」食物繊維の摂り過ぎで便秘が悪化をご覧ください。

 

また腸のゴールデンタイムは朝です。

 

朝起きてからコップ一杯の水を飲むことで大腸が刺激され下剤を使わない自然な便意がきやすくなります。

 

腸は筋肉の塊のようなものなので優しくマッサージしてあげると腸の働きが活発になりやすいので同じく朝にマッサージをしてあげると排便につながりやすいです。

 

それでも下剤がないとツライという方はなるべく癖になりにくい、つまり下剤の効き目が悪くなりにくいものを使用するようにして下さい。

 

そのような下剤は酸化マグネシウムやカルメロース、マルツエキス、寒天、プランタゴオバタ、ジオクチルソジムスルホサクシネートなどです。(何のこっちゃ?という名前が多いですね笑 よく分からない方は薬局等で薬剤師さんに聞く方が良いかもしれません)

まとめ

下剤が効かない便秘について原因と対策をお伝えしてきました。

 

当然のことですが下剤も薬です。

 

薬は使い方を間違えると体を傷つけることもあるということをしっかり肝に銘じて使用するようにして下さい。

 

下剤を使わないようにするためには日常の生活習慣を改めて便秘を良くしていくのが一番です。

 

便秘については今後も記事を書いていきますのでしっかり読んで実践してみて下さい!

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク