【必見】断食による宿便の出し方

スポンサーリンク

宿便(しゅくべん)という言葉をご存知でしょうか。

何となくのイメージで、大腸にこびりついた便を想像されるかもしれません。

しかし、実際には便が腸にこびりつくことはありません。

なぜなら腸の内壁は常にはがれ落ち、新しいものに入れ替わっていくからです。

人の皮膚も垢となってはがれ落ちますが、それと同じようなものだと考えて下さい。

ですから、たとえ腸壁に便がついていても、その腸壁自体がはがれてしまうので、便がこびりついたまま取れないなんてことは起こらないのです。

 

ではなぜ宿便という言葉が存在するのでしょうか。

 

先日も当院にご来院された方がこんなことを話されました。

「宿便の出し方を教えて下さい。私絶対にたまっている気がします。」

 

聞くとその方は便秘と下痢を繰り返しており、お腹が冷えるといつも体調が悪くなるそうです。

食べ物を変えたりお腹を冷やさないように腹巻をしても根本的には解決しなかったようです。

そしてその原因が、どこか聞いた「宿便」にあるのでは?と考えられたようです。

 

しかし、繰り返しになりますが、世間一般で言われているような、大腸にこびりついた宿便というものは存在しません。

そこで今回は、宿便の本当に招待について解説し、断食による宿便の出し方をお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク


宿便ってなに?

サプリメントなどの広告で「溜まった宿便をドッサリ!」などのキャッチコピーを見たことはありませんか?

その文章を読むとあたかも腸の中に長年こびりついた便があって、それが影響して太ったり冷え性になったりするのだと感じてしまうような内容です。

断食宿便出し方 方法

これは本当でしょうか?

医学を勉強した人ならわかりますが、大腸は腸壁から絶えず粘液を出し続けて便がくっつかないようにしています。

それでもその中を便が通るため、表層にうっすら便がついていることはあるかもしれませんが、「うっすら」程度のものです。

 

宿便というのは、一般的にイメージされているような「こびりついた便」ではありません。

 

では、何が宿便と呼ばれているかというと腸壁の角質、腸内細菌の死骸、うっすら残った便です。

腸壁も皮膚と同じようにはがれ落ちます。

皮膚は古くなるとアカとなってはがれ落ちますが、腸壁も古くなったものははがれ落ちます。

また腸内細菌は600~1000兆匹も腸内にいるため毎日かなりの数が死んでいますので、死骸の量も相当なものになります。

それにうっすらと腸壁に残った便が合わさったものが、宿便と呼ばれているのです。

 

この宿便をかき出すための方法として、コロンクレンジングという方法があるそうです。

これは腸の中を洗浄してきれいにする美容法で、腸内洗浄とも呼ばれています。

腸の中の宿便を出せば気分的には気持ちいいかもしれないですし、腸を洗浄する美容法といえば聞こえは良いです。

 

しかし、腸を洗浄すると、まだ生きている腸内細菌も一緒に流れ出てしまいます。

腸内細菌は、人間の身体にとって欠かすことのできないパートナーです。

コロンクレンジングをすると、少しのスッキリ感の代償に腸内細菌を失ってしまいます。

そしてたとえ腸内を洗浄したとしても、その日の夜にはまた腸は便で埋めつくされています。

コロンクレンジングをされる場合は、こういったマイナス面もあるということを知っておいて下さい。

 

少し前にもコーヒーで腸内洗浄をするという謳い文句で売り出していた業者が、様々な健康被害を出したうえ、未承認にも関わらず医薬的な効能を宣伝したとして逮捕されていました。

こういったものには注意してください。

 

では、宿便を健康的に排泄するためには、どのような方法をとればよいのでしょうか。

その方法の1つがが断食です。

 
スポンサーリンク


宿便を出す方法 断食のやり方

「断食」と聞くと何かお寺でお坊さんがする厳しい修行のような感じがしますが、もっと簡単に考えて「内臓を休ませてあげる時間を作る」というように考えて下さい。

 

断食中も水や天然塩(精製した塩はミネラルがほとんどなくなっているので天然塩にしてください。)は摂取します。固形のものを食べないだけです。

もし、お財布に余裕があれば、酵素ドリンクを飲みながら行うとより効果的です。

おすすめの酵素ドリンクはこちらです。

 

断食をするときは、まずは1食分のご飯を食べないだけでよいです。

おすすめは、夕食か朝食をとばすことです。

お昼ご飯を12時くらいに食べ、夕食を1回とばして翌朝7時に朝食をとったとすると19時間の断食になります。

 

朝食か、夕食を飛ばすと良いのは、寝ている時間があるからです。

寝ている時間は空腹を感じなくてすみますし、内臓を休ませる時間をその分確保できます。

 

この1食だけの断食でも、十分に効果があります。

絶えず食事が入ってきていては内臓は休まる暇がありませんが、週に1回でも断食で内臓が休むことができれば、その間に腸は消化吸収の作業せずに済み、新陳代謝を活性化することで腸内の老廃物を一掃できます。

このようにして、断食で宿便を排泄するのです。

 

また、1食断食することの効果は他にもあります。

以前、新事実!便秘解消には空腹が効く!でも紹介したように空腹感を感じるとモチリンという胃腸を活発に働かせるホルモンがしっかり放出されます。

これにより胃腸の動きは活発になり宿便を排泄するのに役立つばかりでなく、便秘の改善や栄養のスムーズな吸収も望めます。

 

また食事をしないことで、消化酵素という消化に使う酵素の消費が抑えられます。

それにより、代謝酵素という身体を修復する酵素をしっかり使うことができ、宿便のある腸だけでなく全身の疲労をとることもできます。

言い換えれば毎食食べ過ぎの人は、疲れやすい人が多いとも言えます。

体がいつもだるい疲れやすいという人は、断食をして食べる量を減らしてみてはいかがでしょうか。

 

このように、断食をすることは一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなりますが、注意しておいていただきたいのは体力の弱っている人は行わないことと、断食している間も水と天然塩もしくは、酵素ドリンクは必ず摂ることです。安全に断食を行ってください。

 

1食の断食に慣れてきた方は、3日間の断食にも挑戦してみてはいかがでしょうか。

3日間の断食は、酵素ドリンクを飲みながら行います。

この断食により、腸内環境をより整えることができます。

くわしくはこちらの記事をご参照ください。

参照)腸内環境を整える!ミネラルファスティングの驚くべき効果!

 

まとめ

「断食による宿便の出し方」と題してお伝えしてきました。

世間で言われる、大腸にこびりついた便が存在しないことが、お分かりいただけたと思います。

その上で本当の宿便とは何なのか、その正体や健康的な宿便の排泄の方法に断食が有効なことをご紹介してきました。

健康な体は新陳代謝が活発で、古いものをしっかり出して新しい細胞を作れます。

その働きをサポートするために、内臓を休ませるために断食が行われます。

断食と言うと修行のようなイメージで敬遠されがちで、最近はファスティングと呼ばれたりもします。

ただ断食は間違った方法で行うと危険性もありますので、今回の記事を参考にして無理のない断食をして健康な身体作りを始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク