大腸内をきれいにする方法とは ファスティングの効果を解説

スポンサーリンク

腸は命の中心とも言える臓器です。

体に取り込んだ栄養素のほとんどは腸から吸収されます。

ですから、腸が不健康な状態では栄養素をうまく吸収することができず、体全体の調子が悪くなりやすいです。

 

では、どのようにすれば腸の状態を整えて、しっかりと栄養を吸収することができるのでしょうか。

 

腸は小腸と大腸に分けられます。

小腸は約6mほどの長さ、大腸は1.5mほどの長さです。

この中を消化物が流れていきます。

流れるといっても、勝手に流れていくわけではなく、腸自体が動くことによって内容物を移動させているのです。

この腸の運動のことを蠕動運動【ぜんどううんどう】と言います。

吸収がおわり、残されたカスが便となります。

小腸で吸収され、便となったカスは大腸内に一時的にためられ、その後排泄されます。

便を排泄するときにも、腸が自ら蠕動運動を引き起こし排泄されるのです。

 

このように腸は自ら動くことで消化物を運んでいるので、たくさん食べるとそれだけ腸も働かなくてはなりません。

たくさんの量の食事を食べ続ければ、腸は働き続けなければならなくなり、徐々に疲労していきます。

 

腸だけに限らず、内臓は使い続ければ疲れがたまるのです。

その状態では腸本来の力を発揮しきれません。

 

そんな腸をはじめとした内臓を休ませる方法があります。

それはファスティングです。

ファスティングとは、断食を意味する言葉です。

ですが、ここでいうファスティングとはただ単に断食をすることではありません。

体に負担の少ないファスティングを行うことで、内臓をうまく休ませることができるのです。

 

内臓は休んでいる間に自己回復しようとします。

その過程で、腸内の老廃物も排泄することができ、「キレイ」にすることができます。

 

そこで今回は、腸内をキレイにするファスティングについて解説していきます。

 
スポンサーリンク


大腸ってどんな臓器? 大腸をキレイにするには、まず大腸のことを知ろう

まずは大腸とはどんな臓器か解説していきます。

大腸を図で見てみましょう。

大腸内をキレイにする方法 大腸の図

冒頭でもお伝えした通り、大腸は成人で約1.5mの長さがあります。

大腸はさらに細かく部位を分けることができます。

 

盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸です。

 

大腸では水分とミネラルが吸収されますが、栄養の大部分は小腸で吸収されています。

そして、大腸には数百兆匹ともされる腸内細菌がいます。

この腸内細菌によって、免疫機能が左右されると言われており、非常に重要な働きがあります。

 

ただ単に便をつくってためておくだけの臓器かと思いきや、いろいろな働きがあることがお分かりいただけたと思います。

では続いては、大腸内をキレイにするファスティングとはどのようなものなのか、詳しく解説していきます。

 
スポンサーリンク


大腸内をキレイにするファスティングとは

ファスティングは別名、マイナスの栄養学とも言われます。

ビタミンやミネラルのサプリメントをあれこれ、せっせと摂るのではなく、必要最低限のビタミンミネラルはとりながら食事制限し、体の自然治癒力を高めるものです。

 

冒頭でもお伝えしたとり、ファスティングとは断食という意味です。

ファスティングは短いもので半日、通常で3日間行うのですが、その期間中、固形物は口にしません。

固形物を口にしない代わりに「酵素ドリンク」を飲みます。

このドリンクは「酵素」と名前は付いていますが、実際には酵素はほとんど入っていません。

酵素は天然の果物や野菜に多く含まれている物質で、人が手を加えた段階で壊れてしまうのものなのです。

 

そもそも人の体には消化酵素【しょうかこうそ】代謝酵素【たいしゃこうそ】という2つの酵素があります。

消化酵素は文字通り、食べ物を消化するときに使われる酵素です。

一方、代謝酵素傷ついた細胞を修復したり、臓器の疲労回復に使われる酵素です。

 

この2つの酵素の全体量は決まっているので、いつもたくさんの食事を食べている人は、消化酵素ばかり使われてしまい代謝酵素が不足します。

ファスティングで使う酵素ドリンクには、低分子化されたビタミン、ミネラルが含まれています。

これはつまり、消化するのが簡単で消化酵素をあまり使わずにすむということです。

 

必要な栄養素は確保しながら、消化酵素を節約して代謝酵素に回すことができるのです。

 

この間、腸の活動も必要最小限ですみます。

腸にとっては休憩をとりながら、代謝酵素で細胞を修復することができるということです。

 

ファスティングについて詳しくはこちらの記事をご参照ください。

参照)正しいミネラルファスティングのやり方を解説!

 

ファスティング中、もしくはファスティングが終わってから宿便【しゅくべん】が出てくることがあります。

宿便とは、腸壁のアカのようなものと考えてください。

ファスティングによって代謝が活発になり、腸壁のアカがはがれて便として排泄されたものが宿便です。

いつもの便と違って、黒っぽくてどろっとした性状のものであることが多いです。

 

ファスティングをすることによって、腸の細胞を修復し、代謝を向上させ、内部をキレイにすることができるのです。

 

酵素ファスティング(初心者向けプログラム付き) マナ酵素×2本

 

まとめ

ファスティングによって大腸内をキレイにする方法を解説してきました。

食事を食べないなんて不安と思われる方も多いかもしれません。

もちろん、ファスティングには正しいやり方がありますので、それを無視して適当にやるのはよくありません。

おすすめはマナ酵素のプログラムに沿って行うことです。

ファスティングをすると、人って案外食べなくても生活できるものなんだということがわかりますし、自分の体と向き合うきっかけとなります。

私はファスティング後は体が軽くなって気分も清々しくなりますよ。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク