回腸の位置を図で解説!栄養を吸収する働きなどの機能がある

スポンサーリンク

回腸と書いて「かいちょう」と読みます。

内臓の一部ですが、どこの臓器かご存知でしょうか?

回腸は小腸の一部です。

同じく小腸の一部である空腸【くうちょう】から、回腸へとつながり、回腸からは大腸の一部である盲腸へとつながっています。

空腸と回腸の境目は明らかに分かるような指標はありませんが、おおよそ口側の2/5程度が空腸で、それ以降の3/5程度が回腸となっています。

この辺は、少々曖昧です。

回腸を始めとする小腸には、重要な働きがあります。

それは栄養の吸収です。

小腸は、栄養を吸収できる唯一の器官であり、これは他の臓器のどんな機能よりも、重要な機能と言っても過言ではありません。

なぜなら、体の臓器は、どれも栄養なしでは働くことができないからです。

当たり前の話ですが、人が生きていく上で栄養の吸収は欠かせません。

 

ですが、そんな重要な臓器である回腸がどこにあって、どんな形をしているのかということを知っている方は、あまり多くないと思います。

そこで今回は、回腸の位置を図を用いて分かりやすくお伝えし、どのような働きがあるのか詳しく解説していきます。

 
スポンサーリンク



回腸の位置を図でチェック!

では、さっそく回腸の位置を図で確認してみましょう。

こちらが回腸です。

%e5%9b%9e%e8%85%b8%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e5%9b%b3

 

分かりやすいように、小腸全体を図で確認してみましょう。(黄色く色づけされているところが回腸です。)

%e5%9b%9e%e8%85%b8%e3%81%ae%e5%a0%b4%e6%89%80%e3%80%80%e5%9b%b3

小腸には、回腸の他に、十二指腸、空腸があります。

 

さらに、その他の主な消化器系の臓器も、一緒に見てみましょう。

%e5%9b%9e%e8%85%b8%e3%81%ae%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e3%80%80%e5%9b%b3%e3%80%80%e5%83%8d%e3%81%8d

臓器全体でみると、ほんの一部といった感じです。

ところで、この解剖図を見ると、回腸はお腹の中で浮いているように見えますが、どのようにしてその位置を保持しているか、ご存知でしょうか。

回腸は、空腸とともに腸管膜という膜によって支えられています。

腹腔の後面から伸びている腸管膜によって、その位置がある程度、固定されています。

膜での固定なので、がっちりと固定というわけではなく、ある程度”遊び”があります。

 

小腸は全体で6〜7m程度の長さがあるので、回腸は3.5〜4m程度の長さとなります。

ただし、小腸は内容物を先へ送るために、伸びたり縮んだりします。

ですから、その長さはその時々で変わってきます。

 

回腸の位置や形状が大まかには、お分かりいただけたでしょうか。

続いては、回腸の機能について解説していきます。

 

回腸の機能や働きとは?

回腸は小腸の一部であるため、栄養を吸収する働きがあるということは、お伝えした通りです。

ですが、同じ小腸でもその部位ごとに吸収されやすい栄養素は違います。

五大栄養素である糖質、脂質、蛋白質、ビタミン、ミネラルを含む大部分の栄養素は、十二指腸と空腸で吸収されます。

もちろん回腸でも、これらの栄養素は吸収されますが、回腸の末端で特に吸収されやすい栄養素があります。

それは、ビタミンB12と胆汁酸です。

ちなみに、胆汁酸とは脂肪の消化、吸収を助ける物質です。

そのため、手術などで回腸を除去された方は、これらの物質をうまく吸収できなくなってしまいます。

ビタミンB12が吸収できなくなると、巨赤芽球性貧血を発症しやすくなり、胆汁酸が吸収できなくなると、脂肪の吸収障害が起こり、脂肪便が出やすくなります。

 

回腸の内側はどうなっている?

小腸を切って広げると、約200㎡もの広さになります。これはテニスコート1面分より少し小さいくらいの広さです。

これを可能にしているのが、小腸の絨毛【じゅうもう】です。

絨毛とは、小腸の内腔を覆う多数の突起のことです。

下図は絨毛の模式図です。

%e5%9b%9e%e8%85%b8%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e3%80%80%e5%9b%b3%e3%80%80%e5%83%8d%e3%81%8d

絨毛にはさらに微絨毛【びじゅうもう】と呼ばれる、より小さな突起がついています。

これは表面積を広げるための、小腸の工夫です。

表面積を広げることで、より多くの栄養素を吸収しようとしているのです。

仮に、絨毛がない小腸を広げただけでは、0.33㎡にしかなリません。

いかに絨毛が表面積を広げるのに、役に立っているかお分かりになると思います。

 

ちなみに、小腸から吸収された栄養素は、門脈【もんみゃく】と呼ばれる血管を通り、肝臓に運ばれ処理されます。

肝臓では、有害物を解毒処理したり、栄養素を溜め込んだり、体の中で使える状態に処理されます。

 

まとめ

回腸の位置や働きについて、図を用いて解説してきました。

小腸という名前は知っていても、その中に回腸と呼ばれる部位があることは、ご存じない方も多かったのではないでしょうか。

小腸は栄養を吸収できる唯一の器官であり、さらに部位ごとに吸収しやすい栄養素は異なります。

今回、体にとって大事な器官である回腸について、知ることができたと思います。

冷たいものを一気に飲んだり、よく噛まずに食べたり、腸に負担のかかる習慣は避けて、腸に優しい生活を送りましょう。

スポンサーリンク

関連コンテンツ