寛骨の位置を図で解説!わかりやすい画像で確認!

スポンサーリンク

寛骨という骨をご存知でしょうか。

骨盤の一部といえば、大体の位置がイメージしやすいと思います。

この骨は腸にとても近いところにあり、腸を支えたり、衝撃から守る働きをしています。

 

当然のことですが、腸はそれだけで働いているのではなく、様々な臓器と連携をとり、そして寛骨のような種々の構造物によって支えられています。

なかでも寛骨は、骨盤の外側や下側を形成し、内臓を守るために重要な骨格です。

 

今回は、腸の近くにある寛骨の位置や構造、働きなどを、解剖図を用いて、わかりやすくお伝えしていきます。

 
スポンサーリンク



寛骨の位置を図でチェック!

まずは、寛骨の位置を解剖図で確認してみましょう。

寛骨はこちらです。

寛骨 位置 図

左右一対になっています。

 

寛骨の外側には、寛骨臼[かんこつきゅう]と呼ばれるくぼみがあります。

寛骨臼はこちら

寛骨 位置 図 寛骨臼

寛骨臼には、大腿骨の大腿骨頭がはまり込みます。

寛骨臼があることで、強い力が加わったとしても、股関節が脱臼しにくくなっています。

 

左右の寛骨を見てみると、お椀のような形状をとっていることがお分かりになると思います。

この形状によって、その内側に、腸をはじめとした内臓が入るスペースを確保しています。

大切な内臓を下から支え、さらに外からの衝撃から守るために寛骨が存在しているのです。

 

ところで、この寛骨は3つの骨で構成されています。

その3つの骨とは、腸骨、恥骨、坐骨です。

続いては、これらの寛骨を構成する骨について、お伝えしていきます。

 
スポンサーリンク



寛骨は3つの骨でできている

寛骨を構成する腸骨、恥骨、坐骨の位置をそれぞれ、解剖図で確認してみましょう。

まずは、腸骨です。

下図で赤色になっているのが腸骨です。

寛骨 位置 図 腸骨

 

恥骨は青色になっているところです。

寛骨 位置 図 恥骨

 

坐骨は黄色になっているところです。

寛骨 位置 図 坐骨

これら3つの骨が組み合わさって、寛骨を形作っています。

 

ちなみに、骨盤とは、寛骨に加えて、仙骨と尾骨を加えたもののことをいいます。

骨盤については、こちらの記事でより詳しく解説しています。

参照)骨盤の位置や機能を解剖図でチェック!

 

寛骨と腸の位置関係

続いて、寛骨と腸の位置関係を解剖図で確認してみましょう。

寛骨位置図 腸

寛骨と密着するように大腸、小腸があるのがお分かりいただけると思います。

腸は8~9mほどもある、長い臓器です。

その位置は、腹膜などによってある程度固定されていますが、それでも起きて活動している間は、立っていても、座っていても、重力に従って下方向への力が働きます。

そんな腸を下から支えているのが、寛骨やそこに付着する骨盤底筋です。

骨盤底筋は、骨盤の下面に張っている筋肉です。

画像で確認してみましょう。

寛骨 位置 図 骨盤底筋

このように、寛骨をはじめとした骨盤と、骨盤底筋によってお椀のような形を作り、内臓を下から支えることができるような構造となっています。

 

寛骨の働き

上記してきた通り、寛骨には、内臓を支え、守る機能があることはお分かりいただけたと思います。

それに加えて、寛骨には別の働きもあります。

寛骨の一部である坐骨は、座るときに主に体を支えるところになります。

「坐骨【ざこつ】」という字は、座る骨と書きますが、この名前は理由があって付いているのです。

実際に座った姿勢を維持するためには、大臀筋が坐骨の上を覆い、”筋肉の座布団”のようになってより安定性を高めています。

 

恥骨は左右の寛骨が結合するところです。

寛骨 位置 図 恥骨結合

この部分は、恥骨結合と呼ばれます。

恥骨結合は、ある時わずかながら動きます。

そのある時とは、出産のときです。

出産時に、胎児が産道を通過しやすくするために、恥骨結合が緩むのです。

それ以外のときには、事故などで大きな外力が加わらない限り、恥骨結合が動くことはほとんどありません。

 

腸骨には、上前腸骨棘【じょうぜんちょうこつきょく】と呼ばれる”でっぱり”があります。

これは、いわゆる「腰骨」と呼ばれるところです。

ベルトを引っ掛ける骨といえば、わかりやすいでしょうか。

体表から触っても、明らかに骨が出ているところなので、ご自分の体で確認することができると思います。

 

まとめ

寛骨の位置を解剖図を用いて、お伝えしてきました。

寛骨が腸骨、坐骨、恥骨でつくられることや、骨盤のどこの骨なのかということが、おわかりいただけたと思います。

骨格は、人が起きて生活していくために必要不可欠です。

もし、骨格がなければふにゃふにゃで、立つことも歩くこともできなくなってしまいます。

寛骨をはじめとした骨盤は、そんな骨格の中心に位置する骨です。

寛骨によって、内臓も正常な働きが行えています。

このように、人の体はそれぞれが独立して働いているのではなく、相互に影響しあっているのです。

おすすめの記事はこちら

スポンサーリンク