尾骨(尾てい骨)の場所を図で解説!痛いのはなぜ?

スポンサーリンク

尾骨【びこつ】という骨をご存知でしょうか。

一般的には、尾てい骨と呼ばれることもあります。

尾骨は骨盤の一部であり、骨格模型を見ると、しっぽのように伸びている骨です。

ヒトの祖先は、尾骨の先にしっぽがついていたのでしょう。

 

ところで、この尾骨という骨は骨折しやすい骨でもあります。

尻もちをつくように転んでしまった時に、骨折しやすいです。

案外、若い人でも骨折することがあるので注意が必要です。

 

尾骨には、骨盤底筋を構成する筋肉が付着します。

恥骨尾骨筋【ちこつびこつきん】腸骨尾骨筋【ちょうこつびこつきん】などです。

これらの筋肉は、腸をはじめとする内臓を下から支える筋肉です。

尾骨につく骨盤底筋は、内臓の受け皿になっているのです。

 

今回は、尾骨の位置を解剖図を用いて、わかりやすくお伝えし、その痛みの原因や腸との関連について解説していきます。

 
スポンサーリンク



尾骨の位置を図でチェック!

尾骨は骨盤の一部です。

その骨盤は、左右の寛骨、仙骨、そして尾骨で構成されます。

 

黄色く示しているところが、寛骨です。

尾骨 位置 図 寛骨

 

黄色く示しているところが、仙骨です。

尾骨 位置 図 仙骨

 

黄色く示しているところが、尾骨です。

尾骨 位置 図 尾てい骨

 

骨だけ見ると、しっぽみたいに見えますね。

これだけ、小さく細い骨なので、転倒などの衝撃によって骨折してしまいます。

高齢者のように、骨自体が弱くなっていれば、なおさらです。

骨折したものをそのままにしておくと、尾骨が曲がったまま固定されることもあります。

 

尾骨の痛みの原因とは?

尾骨の周辺に痛みが出る原因は、骨折や筋肉痛、神経痛などが代表的です。

その他に注意しなければならないのは、腸から発せられる痛みを尾骨の痛みとして感じているときです。

 

大腸癌による痛みを、尾骨の痛みと思われていた方もいらっしゃいます。

癌は治療法の研究が進み、徐々に克服することもできる病気となってきています。

しかし、早期発見、早期治療ができてこそ、回復の確率を高めることができます。

本当に尾骨の痛みかどうかわからない方は、まずは、病院で検査を受けてみることをお勧めします。

 

内臓を下から支える骨盤底筋

尾骨に付着する筋肉に、恥骨尾骨筋や腸骨尾骨筋などがあることは、冒頭でもお伝えしました。

これらの筋肉は、骨盤底筋【こつばんていきん】と呼ばれる筋肉です。

この骨盤底筋は、排便時にいきむのに非常に重要な筋肉です。

 

お腹の圧力のことを腹圧【ふくあつ】と言いますが、いきむ時には、この腹圧を高くしなければなりません。

その時に必要なのが、骨盤底筋の働きです。

骨盤底筋を解剖図で確認してみましょう。

%e5%b0%be%e9%aa%a8%e3%81%ae%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e3%80%80%e5%9b%b3%e3%80%80%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e5%ba%95%e7%ad%8b

こちらは、骨盤を上からのぞきこむように見た図です。

図からもわかるように骨盤底筋は、その名の通り骨盤の底を支える筋肉です。

 

お腹にグッと力を入れた時、骨盤底筋がその力を下支えすることにより、はじめて腹圧を高めることができます。

わかりやすいように、図でも確認してみましょう。

%e5%b0%be%e9%aa%a8%e3%80%80%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e3%80%80%e5%9b%b3%e3%80%80%e8%85%b9%e5%9c%a7

参照)図解入門 よくわかる便秘と腸の基本としくみ

 

骨盤底筋は、出産を経験した女性は年齢とともに弱くなりやすい筋肉です。

骨盤底筋が弱ることで、尿モレも起こりやすくなります。

 

骨盤底筋を鍛えるためには、骨盤底筋体操を行うと良いです。

骨盤底筋の鍛え方は、下のイラストをごらんください。

%e5%b0%be%e9%aa%a8%e3%80%80%e4%bd%8d%e7%bd%ae%e3%80%80%e5%9b%b3%e3%80%80%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e5%ba%95%e7%ad%8b%e4%bd%93%e6%93%8d

参照)図解入門 よくわかる便秘と腸の基本としくみ

 

ポイントは

  1. 膣や肛門の筋肉を10秒ほど引き締めた後、 緩めて20~30秒リラックスする。 
  2. 「締める、緩める」の繰り返し10回で1セット とし、1日5セット行う。 
  3. 毎日継続することが大切

以上の3点です。

イラストにもある通り、寝ころがりながらや、イスに座りながらなど、生活の中でその姿勢をとった時に行っていくとよいです。

「さぁやろう!」と気合を入れてやるのは、最初のうちは良いですが、時間が経つとだんだんとだらけてきてしまい、継続しにくいです。

それよりも生活の中で、気づいた時にやっていくという方が長続きしやすいです。

 

まとめ

尾骨(尾てい骨)の位置を図で解説してきましたが、お分かりいただけましたでしょうか。

尾骨は普段、気にかけることのない地味な骨ですが、骨盤底筋の働きに重要な骨です。

骨盤底筋は内臓を下から支えてくれる重要な筋肉ですから、それだけ尾骨も大切な骨と言えます。

高齢になると、尻もちをつくような転倒の仕方で、骨折しやすい骨でもあります。

一番は、転倒しないように気をつけることですが、万一、転倒・骨折してしまった場合は、病院にかかってきちんと治療しておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す